小鼻縮小術

小鼻縮小術は、鼻翼(小鼻)や鼻孔(鼻の穴)底の皮膚を切除して縮小し、小鼻を小さく、小鼻の幅を狭くするなどして、バランス良く整える治療です。

小鼻縮小術はこのような方におすすめ

  • 小鼻の幅が広い
  • 小鼻の張りが気になる
  • 小鼻の丸みが気になる
  • 小鼻の存在感を薄くしたい

日本人の鼻翼(小鼻)は皮膚が厚く丸みを帯びた形をしているため、存在感があり、横に広がって見えることが少なくありません。 また、鼻尖部(鼻先)の丸みと相まって幼い印象を与えがちなため、小鼻を小さくしてすっきりさせたいというニーズが多くあります。

小鼻の張り出しを改善する小鼻縮小術としては、鼻翼を小さくする「鼻翼基部皮膚切除」、鼻翼の幅を縮める「鼻孔底皮膚切除」、またはこのふたつを組み合わせた手術を行います。

小鼻縮小術のメリット

  • 半永久的に理想的な鼻を保てる
  • 隆鼻術鼻尖形成術など、ほかの鼻治療を組み合わせられる

鼻翼幅のバランスについて

左右の鼻翼(小鼻)の付け根間の距離を「鼻翼基底幅」とし、鼻の幅を「鼻翼幅」と呼びます。

鼻翼(小鼻)と鼻翼のすぐ横にある頬とがなす角度(鼻翼頬角とする)は、鼻翼(小鼻)が丸く張り出しているほど小さく、鼻翼基底部が外側にあるほど大きくなります。

上の図では、鼻翼頬角がタイプ1では鋭角に、タイプ2では直角に近い角度になっています。この角度は、どのような手術が相応しいか適しているかを判断するための、重要な判断材料となります。

タイプ1. 鼻翼基底幅はさほど広くないが、鼻翼幅が広い
鼻翼自体の張り出しが強く、鼻翼の外縁が鼻翼基部より外側にある。

タイプ2. 鼻翼基底幅が広い
この場合、通常鼻孔幅も広いことが多いが、鼻孔はさほど大きくなく、鼻翼の皮膚が非常に厚くなっていることもある。

タイプ3. 鼻翼幅と鼻翼基底幅の両方が広い
1と2の混合、すなわち鼻翼基底幅が広く、なおかつ鼻翼自体も大きく張り出している。

タイプ4. 鼻すじの長さが比較的短いため、鼻翼幅が相対的に広く見えている

1〜3は鼻翼自体および鼻孔底部の手術の適応となりますが、4は鼻筋から鼻先にかけてを高くする手術「隆鼻術」を行えば鼻翼の幅が狭く見えるようになるため、鼻翼縮小術は必要ありません。

3の場合には、術式を組み合わせて治療します。

また、顔全体で見た場合の適切な鼻翼幅は、鼻の長さ(鼻根部から鼻尖部まで)の70%、あるいは内眼角間距離(眼と眼の間の距離)に等しいとされています。

このように、「鼻翼基底幅」と「鼻翼幅」のどちらが広いか、両方広いか、さらに顔全体でのバランスなどによって、”小鼻が大きい、広い”という印象になり、手術の方法が変わってきます。


小鼻縮小術の方法

◎ A:タイプ1に対する鼻翼縮小術

鼻翼基部に沿って鼻翼の皮膚を切除して縫合し、鼻翼(小鼻)の張り出しと丸みを軽減します。



◎ B:タイプ2に対する鼻孔底縮小術

鼻孔底の皮膚を切除して縫合し、鼻翼基底幅を狭めます。鼻翼自体の皮膚切除は行いませんが、鼻翼(小鼻)を内側に移動しやすくするために、鼻翼基部に切開を入れます。



◎ C:タイプ1+2に対する鼻翼・鼻孔底縮小術

鼻翼基部と鼻孔底の両者の皮膚を切除して縫合し、鼻翼(小鼻)の張り出しと鼻翼基底幅の両者を縮小します。


術後の後戻りを防ぐためのひと工夫

鼻翼基底幅や鼻孔幅を狭める手術(前述の手術法BおよびC)では、実際には期待したほどの効果を得るのはとても困難です。 その理由は解剖学的な鼻の構造にあります。

鼻の中は空気の通り道になっているため、土台の骨には大きな穴が開いています。鼻の構造物、特に鼻翼周囲の皮膚や粘膜はこの骨の穴の縁にしっかり付着しており、その位置を移動することはほとんど不可能です。付着部をはずすことはできるものの、骨の穴には土台がないため、組織を付け替える場所がないのです。

つまり、鼻孔底の皮膚を切除して縫い縮めても、鼻翼基底部を内側に引き寄せて維持する力が弱く、結果後戻りしてしまうのです。

当院ではこの後戻りをできるだけ防ぐために配慮しています。幅縮小効果を安定させるよう、両鼻翼の付け根の皮膚組織に糸(吸収糸)をかけて、左右の糸を中央で交差して留める「引き締め縫合」を補助的に行っています。


小鼻縮小術を受ける際の注意点

◎ 術後の鼻先の高さについて

手術法AおよびCでは、鼻翼が小さくなると同時に鼻尖の高さも低くなる傾向にあります。特に鼻翼の張り出しが比較的軽度な場合にはその傾向が強くなります。

そのため、元々鼻尖も低いと感じている方には、鼻尖形成術も同時に行うようおすすめしています。

◎ ”切らない”、糸などを使った小鼻縮小術について

「なるべくダウンタイムや費用を抑えたい」「大掛かりな手術に抵抗がある」という人は、ヒアルロン酸注射や糸を使った小鼻縮小術を選択することがあるようです。

しかし、糸を使用する施術の効果は永続的ではなく、固定の保持力において疑問視する声もあります。また、糸を挿入する際に鼻の軟骨を傷つけたり瘢痕が生じたりし、いざ本格的な手術をしたいとなったときに、支障が出るなどのリスクもあり得ます。

そのため、これらの簡易的な施術は、あくまでも「お試し」と捉えるのが良いでしょう。「小鼻が整うと、顔全体のバランスや雰囲気がどうなるのか、試しに見てみたい。」といった場合などに検討することをおすすめします。根本的なお悩みの解決には、やはり手術がおすすめです。


小鼻縮小術の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔全身麻酔
所要時間4時間程度
洗顔・入浴・メイク洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 抜糸後から可能
通院回数診察 ▷ 手術 ▷ 手術の5日後に固定を外す ▷ 手術の7日後に抜糸
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
入院1泊
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3か月程度で落ち着きますが、すっかりなじむまでには6ヶ月以上かかることもあります。
・鼻翼の付け根付近は皮脂腺が非常に発達しているため、傷がなかなか落ち着かないことがあり、その場合、強い赤み・表面の凸凹・ニキビ様の皮疹が現れます。通常は時間の経過とともに改善していきますが、長引く場合にはご相談ください。
・鼻孔底の縫合線がへこみとして残ることがあります。時間の経過とともになじんでいきますが、6ヶ月以上経過しても目立つようであれば、修正も考慮します。
・感染(化膿):滅多にないことですが、どのような手術でも細菌感染が起こる可能性があります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 鼻の組織の安定には3週間程度かかるため、念のため1ヶ月程度はサウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為、顔のマッサージ、歯の治療、眼鏡の長時間使用、うつぶせ寝をお控えください。

料金

施術名 小鼻縮小術
料金 鼻翼縮小、鼻翼幅縮小 250,000〜950,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※手術前の検査(血液検査、心電図、レントゲン)、麻酔代、入院代は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter