当院は厚生労働省医療機関ホームページガイドラインを踏まえ、症例写真や患者様の声は掲載しておりません。
calendarご予約
phone-number 0800-808-8200
10:00~19:00 年中無休 ※事務局03-5701-7400
アクセス
ウルセラリフト ウルセラリフト

ウルセラリフト

たるみ治療の専門医による切らない、腫れないたるみ治療

mainimg2

たるみ治療器の最高峰!
リフトアップ手術に近いとされる効果の秘密

従来のたるみ治療器では、コラーゲンやエラスチンなど皮膚の細胞に熱を加えていたため、『引き締める』ことはできても『引き上げる』ことはできませんでした。
ウルセラリフトの特徴はその『引き上げ力』。
これまでの非手術療法におけるたるみ治療では難しかった、『引き上げ』を実現したウルセラリフトの2つの秘密を解説します。
まず一つは、ウルセラが「高密度焦点式超音波」という技術を応用していることです。
これは、超音波を一点に収束させ、その焦点に高いエネルギーを照射するということなのですが、言葉で説明しても難しいと思うので、下の動画をご覧ください。

img1_1
白く変性している部分がいわゆる熱で「収縮した」部分で、このように焦点を合わせた部分をピンポイントで加熱することができるというのが最大の特長です。
焦点から外れた部分にはほとんど影響がなく、正常組織が変性した組織の周囲に残ることで痛みや副作用のリスクを抑え、創傷治癒反応を促進するといった利点もあります。
熱による組織の収縮で、照射直後からリフトアップの効果を実感でき、さらにその後2~6か月かけて収縮した組織が新しく生まれ変わる過程でコラーゲンを再生していくため、長期にわたって効果が持続します。

そして二つ目の秘密は、その『深さ』にあります。
フェイスリフト手術のカギを握ると言われているのが皮膚の下にあるSMAS(表在性筋膜)の引き上げです。これまで外科的手術以外でSMASにアプローチすることができなかったため、たるみ治療の機械では劇的なリフトアップが叶いませんでした。
ウルセラは皮膚表面を傷つけることなく、SMASに焦点を合わせて照射することで直接SMASを引き締めることを可能にした世界で初の機械です。これによって、これまで非手術療法では難しかった、リフトアップ手術に匹敵するほどのたるみ治療が実現したのです。
 

 

ウルセラ3つのポイント

FDAが世界初、そして唯一承認した"リフトアップ"マシン

2009年に眉毛の非侵襲的なリフトとして世界で初めてFDAの認可を取得。さらに2012年には顎下、頸部(首)に対しても認可され、現在、眉、顎下、首に対するリフトアップ治療として唯一FDAに認められている機器となります。

超音波で肌内部を"見ながら"照射できる画期的なシステム

ウルセラは、超音波画像診断機能を搭載しているため、エコー画像で治療する深さの組織を見ながら照射することができるという革新的な治療器です。照射する組織を確認しながら照射できるため、確実に効率よく、そして安全に治療が行えます。

img2

安全性を証明するための臨床試験

何万回もの照射テストを繰り返し、ウルセラリフトが安全な治療だということが立証されています。また、以下の施設において広範囲にわたる前臨床、臨床試験が行われています。
ハーバードメディカルスクール、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ノースウェスタン大学医学部等

 

自由が丘式ウルセラリフトとは

ウルセラ専門医が照射

メーカーからその技術力を認定されたウルセラ専門医がカウンセリングから照射まで行います。顔の解剖学を熟知しているので、その人の骨格や筋肉の走行を見極めて効果的な照射を行います。

 

照射前後はエステティシャンがサポート

照射前のクレンジングから照射後のジェルのふき取り、さらに照射効果を高めるパックやマッサージなどのアフターケアまで熟練したエステティシャンが行います。

照射前のクレンジングから照射後のジェルのふき取り、さらに照射効果を高めるパックやマッサージなどのアフターケアまで熟練したエステティシャンが行います。

contents_001_009_new

contents_001_009_new

 
 

料金

施術名 ウルセラリフト
料金  顔全体(おでこ・頬・あご裏)  480,000円(税別)
 頬・あご裏  400,000円(税別)
 首  350,000円(税別)
 顔全体(おでこ・頬・あご裏)+ 首  700,000円(税別)
初診料  3,000円(税別)
顔全体
(おでこ・頬・あご裏)
480,000円(税別)
頬・あご裏
400,000円(税別)
350,000円(税別)
顔全体+首
700,000円(税別)
初診料
3,000円(税別)

診療科目