当院は厚生労働省医療機関ホームページガイドラインを踏まえ、症例写真や患者様の声は掲載しておりません。
calendarご予約
phone-number 0800-808-8200
10:00~19:00 年中無休 TEL:03-5701-2500
アクセス
下まぶたのたるみとり 下まぶたのたるみとり

下まぶたのたるみとり

目元のたるみを取る(下まぶた)

m_007_img01

顔の中でも下眼瞼(下まぶた)は、疲れや老化が最も現れやすい部位です。したがって下まぶたのさまざまな症状の改善は、健康的で若々しい印象を回復する効果が非常に高く、積極的に治療をお受けになることをおすすめします。しかし、下まぶたに関する悩みは単純ではなく、状態によっては改善が非常に難しいという側面もあります。ではその症状と治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

下眼瞼の悩みと治療法

くま

m_007_img02

患者様の多くは、後に述べるしわやたるみ、あるいはへこみや膨らみなど、下眼瞼(下まぶた)に起こる様々な症状をまとめて「くま」と表現しますが、私たちの概念では主に暗く見える色調の変化のことを意味します。そして色調の変化にもいくつかの種類と要因があります。例えば全体が暗青色になるのは主に血行不良(うっ血)やリンパのうっ滞が原因なので、治療は手術ではなくマッサージや深部温熱療法(高周波温熱療法)などが良い適応となります。最近当クリニックでは、エンダモリフト(リンパドレナージ効果)やEGF(表皮細胞増殖因子)をエレクトロポレーションという技術で皮膚に深く浸透させる方法(皮膚の質感を改善)も行っており、大変好評を得ています。

褐色調や黒っぽい色の場合には皮膚の炎症や乾燥などから起こる色素沈着、肝斑などの色素性病変が原因で、やはり手術ではなく、軟膏療法や内服、時にレーザー治療の適応となります。一方、たるみに伴って凹凸が目立ってくると「影」ができるようになり、これも皮膚の色調が暗く見える原因になります。この場合にはたるみを取り除く手術が適応となります。たるみに伴って頬との境目にできる凹み(眼瞼頬溝)には、ヒアルロン酸を注入するだけでも効果的です。しかし下まぶた全体が陥没したように凹んでいて色がくすんでいる場合、その改善は容易ではありません。下まぶたは大変皮膚が薄いため、全体的にヒアルロン酸や脂肪を注入すると凹凸不整が出やすく、また張りのある自然なボリューム感とは異なり、むくんだような印象になりやすいのです。

ただし、当院では最近ボリューマというヒアルロン酸を使用し、頬部の深い所(骨に近い層)に注入することによって下まぶたにも自然なボリューム感が出る新しい方法を行っており、良い効果が得られています。また、単なるボリュームアップ効果だけでなく自己の細胞を若返らせる目的で、ご自分の血液から血小板を採り出し、これを多量に含む血漿(多血小板血漿PRPを作製して注入する方法も行われるようになりました。ただし、この方法は完全に確立されたわけではなく、作製方法などにおいてまだ試行錯誤の段階です。


しわ・たるみ

下まぶたの皮膚のすぐ下には眼輪筋という表情筋があります。

m_007_sttl01_2_zu01

この筋肉と皮膚が年齢とともに緩んでくると、深いしわやたるみが発生します

m_007_sttl01_2_zu02

これらの改善には、皮膚・眼輪筋の張りを回復する手術が最も有効です(後述の「眼輪筋外側牽引法」を参照)。ただし、いわゆる「ちりめんじわ」は手術を行っても消えることはありません。大きなしわやたるみは手術で改善し、さらにちりめんじわに対して美容皮膚科的施術(特に前述のEGF導入がおすすめ)を加えるのが効果的です。また、目尻や下まぶたに笑った時にできる表情じわ(目尻のしわは特徴的で「カラスの足跡」と呼ばれる)に対してはボトックス注入が最も適しています。


袋状眼瞼症(バギーアイリッド)

目の下に、たるみとともに袋が垂れ下がったような膨らみが目立つ状態を袋状眼瞼症と呼び、老けた印象をもたらします。

m_007_sttl01_3_zu01

これは、眼輪筋よりさらに奥にある眼窩脂肪が前方にはみ出してくることが原因です。眼窩脂肪は眼球を取り囲む脂肪で、上まぶたの奥にもつながっており、眼窩という骨の器の中に殆どが収まっています。しかし年を取ると、この脂肪は萎縮しながらも重力にしたがって下の方に移動してきます。さらに皮膚や眼輪筋の張りが失われ、この脂肪を抑える力が緩むと、器から脂肪があふれ出るようにして膨らんでくるのです。老化に伴って下まぶたが膨らみ、逆に上まぶたが凹んでくるのは、以上のようなメカニズムによるものです。

さて、袋状眼瞼症をしっかり改善する方法は手術しかありません。手術では脂肪の膨らみ処理すると共に、眼輪筋や皮膚の張りを回復します(後述:経皮的眼窩脂肪減量・眼輪筋外側牽引法、またはハムラ法)。ハムラ法では眼窩脂肪をほとんど切除せずに温存し、眼袋の下にある凹みを埋めるように脂肪を移動する最新の術式です。単に脂肪を減量するよりもより健康的な外観に仕上がるのが特徴です。
なお、皮膚のたるみはあまりないにもかかわらず、比較的若い頃から目の下の膨らみが目立つ方がいらっしゃいます。このような場合には皮膚を切らずに、まぶたの裏側から眼窩脂肪の一部を切除するだけという方法もあります(後述:経結膜的眼窩脂肪減量術)。さらに、前述のハムラ法における脂肪移動術を、結膜側から行う方法もあります(後述:経結膜的眼窩脂肪移動術)。

 

内反・外反

下まぶたの内反は瞼縁が眼球に向かって倒れ、まつ毛が角膜を刺激している状態で、一般に「逆さまつ毛」とも言います。外反は逆に瞼縁が外側に向いて、いわゆる「あかんべー」をしているのに似た状態のことを指します。内反は子供によくみられる先天性のものと老化によるものがあり、外反は通常老化によるたるみに伴って起こりますが、外傷や美容的な手術後の合併症としてみられることもあります。老化に伴って内反、外反のどちらが起こってくるかは、組織の緩みが表側(皮膚側)か裏側(結膜側)のどちらに強いかによります。ただし、明らかな内反や外反がなくても、老化と共に下まぶたの組織が全体に緩んで「沈下」してくるのが通例です。

逆さまつ毛による角膜刺激症状は、まつ毛を抜くことで一時的には回復しますが、内反・外反を根本的に改善するには手術が必要です(下眼瞼内反矯正術・外反矯正術)。

たるみ・袋状眼瞼症に対する手術

経皮的眼窩脂肪減量・眼輪筋牽引法

皮膚を切開して眼窩脂肪の切除、眼輪筋の吊り上げ、余剰皮膚切除を行います。

m_007_sttl02_1_1
m_007_sttl02_1_1_zu0l

 

 

1.まつ毛の1mmほど下まつ毛に沿って切開します。目尻ではしわに沿って切開をやや外側に延長します。

m_007_sttl02_1_2
m_007_sttl02_1_2_zu01

 

 

2. 皮下および眼輪筋下剥離

まず皮下を下方に向かって7~8mm 剥離し、そこから眼輪筋の下に層を変えて、筋肉と眼窩隔膜の間を眼窩下縁のやや下まで剥離します。

3. 眼窩隔膜の切開・眼窩脂肪切除

眼窩下縁で隔膜を切開すると、眼窩脂肪があふれるように脱出してきます。このはみ出した分の脂肪を減量しますが、眼窩脂肪は内側(目頭側)と中央、外側(目尻側)のパートに分かれていますので、それぞれの部分から適量を切除します。これによって目の下の膨らみが平らになるよに調整します。

 
 
 
m_007_sttl02_1_3
m_007_sttl02_1_3_zu01

 

 

目の下の張りを回復するため、眼輪筋を上方および目尻の方向に引っ張り、余りを切除してから、目尻の外側で骨に近い所に縫い付けます。

 

 

 

 

m_007_sttl02_1_4
 

5.筋肉を引っ張ると瞼縁で皮膚がだぶついた状態になるので、その余り分を切除し、縫合して手術を終了します。ここでだぶついた皮膚をしっかり取ってしまうと、後で瞼縁が下がってしまい(外反)、いわゆる「あかんべー」の状態に陥るリスクがあります。したがって皮膚切除は控えめに行い、だぶつきを少し残しておく方が安全です。

6.術後の出血や腫れを抑えるために、下まぶたにテーピングまたはガーゼを当てて圧迫固定します。これらの固定は通常3日目には除去します。皮膚を縫合した糸は術後5~7日目に抜糸します。主な腫れが引くのに1~2週間ほどかかりますが、下まぶたの腫れは比較的目立たないので、人目が気になることはあまりないでしょう。

ハムラ(Hamra)変法

m_007_sttl02_2_zu01

 

 

米国のハムラという医師の発案を基に工夫を加えた方法で、眼窩脂肪の処理法に特長があります。やや手間と時間がかかりますが、バギーアイリッドに対する手術としては現在のところ最も優れた方法と考えています。 眼輪筋や皮膚の処理は、前述の項目1と同じですが、眼窩隔膜を切開してあふれ出てくる脂肪を切除するのではなく、周囲の凹みに広げて凹凸をなくし、若々しいボリューム感を得るのに利用します(脂肪の量があまりにも多い場合には一部を切除します)。切開した眼窩隔膜は元の位置よりも下方(頬側)に縫合し、眼袋を平坦化します。 眼袋の膨らみを改善するために眼窩脂肪を沢山切除すると、逆に下眼瞼が凹んで不健康な印象になる場合があります。また膨らみは改善しても眼瞼頬溝の凹みが残って気になることもあります。

ハムラ変法が優れているのはこれらの問題が起こりにくく、健康的でより美しい仕上がりが得られることにあります。 手術時間は両側で2~3時間ほどかかります。術後経過は項目1とほぼ同様です。

経結膜的眼窩脂肪減量術

m_007_sttl02_3_zu01

下眼瞼の裏側の粘膜(眼瞼結膜)を切開し、そこから最短経路で眼窩隔膜に到達し、隔膜を開いて眼窩脂肪を適量取り除く方法です。皮膚を切開しないので外から見える傷はいっさいなく、眼輪筋にも切り込まないので術後の回復が早いのが最大の利点です。さらに当院では結膜の切開や脂肪の切除にCO2 (炭酸ガス)レーザーを使用し、殆ど出血のない手術を実現しています。またレーザーで切開した結膜は縫合する必要がないので、手術時間の短縮になり、抜糸の必要がありません。 この方法は、目の下の脂肪による膨らみが目立つけれども、皮膚のたるみ・緩みは少ないという場合に良い適応があります。したがって比較的年齢の若い方(40~50歳台)によく行われます。 手術時間は30分~1時間程度で、通常術後にガーゼやテープによる圧迫固定は行いません。腫れが全くないわけではありませんが、経皮法に比較してその程度は軽く、早く引くのが通例です。

内反・外反矯正術

 

下眼瞼内反(睫毛内反)矯正術

通常は瞼縁の皮膚を、睫毛のやや下で横方向に切除して縫い合わせるという単純な方法で改善します。ただし、皮膚以外の組織(眼輪筋、目尻を骨に固定している靱帯など)の緩みが強い場合には、これらの張りを回復する手術が必要になることがあります。またまぶたの緩みと沈下を回復するために裏側の組織(瞼板と結膜)をくさび型に切り取って縫い縮める方法を行うこともあります。

下眼瞼外反矯正術

組織の緩みが原因の場合には、眼輪筋の外側に牽引する方法、内反の場合と同じように瞼板と結膜を縫い縮めて緩みを解消する方法があります。外傷や美容手術後に起こった外反の場合には、皮膚の不足や縮みが原因となっていることがあり、皮膚移植が必要になることがあります。

料金

施術名 経結膜的レーザー脂肪取り/たるみ取り/脂肪+たるみ取り
料金 経結膜的レーザー脂肪取り 450,000円~(税別)
たるみ取り 350,000円~(税別)
脂肪+たるみ取り 570,000円~(税別)
初診料 5,000円(税別)
所要時間の目安 経結膜的レーザー脂肪取り 30分
たるみ取り 60分
脂肪+たるみ取り 90分
通院回数の目安 1回目: カウンセリング 2回目:手術
3回目: 4日後に抜糸(切開した場合)
料金
経結膜的レーザー脂肪取り
450,000円~(税別)
たるみ取り 350,000円~(税別)
脂肪+たるみ取り 570,000円~(税別)
初診料
5,000円(税別)
所要時間の目安
経結膜的レーザー脂肪取り 30分
たるみ取り 60分
脂肪+たるみ取り 90分
通院回数の目安
1回目:カウンセリング
2回目:手術
3回目:4日後に抜糸(切開した場合)

ご希望する仕上り、術式等により料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。

手術前の検査(血液検査、心電図など)が必要な場合、別途費用となります。

手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。

手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更をする場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。

治療・手術の所要時間、術後の経過(抜糸・自然な見た目になるまでの期間)はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。


診療科目