当院は厚生労働省医療機関ホームページガイドラインを踏まえ、症例写真や患者様の声は掲載しておりません。
calendarご予約
phone-number 0800-808-8200
10:00~19:00 年中無休 ※事務局03-5701-7400
アクセス
巡活マッサージ 巡活マッサージ

巡活マッサージ

 

logo

自由が丘クリニックは『巡活マッサージ(リンパドレナージュと静脈マッサージ)』の施術資格認定施設です。
施術は認定を得た「マスター」が行います。

 

『巡活マッサージ(リンパドレナージュと静脈マッサージ)』は、解剖医学に基づいたマッサージで、“美しくありたい”、“健康でありたい”という願いを支える理想的な施術といえます。リンパドレナージュと静脈マッサージで、停滞しがちなリンパと静脈の流れを良好にし、様々な肌トラブルやむくみを解消するとともに、健康の基本である血液循環を促す、優れた施術です。

解剖医学に基づいた『静脈マッサージ』

むくみを解消し「小顔づくり」をする


『巡活マッサージ(リンパドレナージュと静脈マッサージ)』は、解剖医学に基づいたマッサージで、リンパと静脈へのマッサージでその流れを良好にし、水分などの滞りを改善します。 むくみなどを即効的かつ持続的に改善し、小顔づくりや肌トラブルに働きかけると同時に、健康の基本である血液循環を促していきます。


「静脈」と「リンパ」の違い


一般に余分な水分や老廃物を排出する役割は「リンパ」が担っているといわれています。 それに加え、毛細血管も余分な水分や老廃物を回収して、「静脈」によって運び出す働きを担っています。


リンパ…静脈が回収しきれなかった不要な水分や老廃物を回収して、再び静脈に戻すサポートをします。
静脈…毛細血管が回収した細胞の間などにある不要な水分や老廃物を運び出します。 

ph01
 

『静脈マッサージ』の効果

「むくむ」仕組み

1日に心臓から排出される血液量はおよそ8,000L。動脈から静脈へ運ばれる間に、血液に含まれる約14mL/分の水分が毛細血管から間質液として外にもれ出します。血行不良下ではそのもれ出した水分が静脈やリンパ管にスムーズに再吸収されず、むくみの原因になります。 静脈は自発的に流れる力を持たないため、周囲の筋肉や組織の運動がポンプの役割を果たすことによって血液の流れを促しています。 しかし加齢や筋肉の衰えによりそれらのポンプ機能が低下すると静脈は十分に水分を回収できず、水分は組織間に停滞し、むくみが起こるのです。


リンパと静脈の流れを促すことで「むくみ」を解消

静脈同様、リンパ管も組織間に溜まった水分を再吸収し、水分量を調整する役割をもちます。水分再吸収量は静脈10に対し、リンパ管は1といわれています。 またリンパ管で回収された水分は、鎖骨下静脈で合流し、ふたたび全身へ循環されます。水のメイン通りであり、リンパ管の約10倍の再吸収量を担う静脈の働きをよりスムーズにすることこそが、最も有効なむくみ解消法なのです。


■顔面、頚部の脈管系の流れ
zu_01

巡活マッサージ(リンパドレナージュと静脈マッサージ)』は、筋肉を強く動かすマッサージとは異なり、あくまで静脈の解剖学的な流れに沿って行うマッサージです。余分な水分を静脈に再吸収させることで、

●リフトアップ、小顔効果 ●けだるさやコリ感の解消 ●冷え性の解消 ●肌の透明感が増す ●体調が良くなる

などの効果が期待できます。

『静脈マッサージ』の基本は3点

zu_02

『巡活マッサージ(リンパドレナージュと静脈マッサージ)』のメソッドの核となるのが、顔の中心から外側にむけて静脈の流れに沿って促すことです。太く大切な静脈が流れている


(1)耳珠(耳の穴の前)
(2)マンディブラーノッチ(下顎切痕)
(3)耳垂(耳たぶ)のつけ根


この3点を意識してリンパと静脈へのマッサージを行うことで顔のむくみは解消し、血行も良くなります。 また、顔の血管は左右対称に流れており、「オーバーラップゾーン」と呼ばれる顔の中心には、非常に細い毛細血管が分布しています。そのため血行不良も起こりがちになります。この部分もしっかりと流すことで顔色が良くなり、よりむくみの起きにくいスッキリとした小顔を維持することができるのです。

ph_04 ph_05

 

料金

施術名 巡活マッサージ
料金 1回 18,000円(税別)
5回コース 85,000円(税別)
10回コース 150,000円(税別)
所用時間 90分
料金
1回 18,000円(税別)
5回コース 85,000円(税別)
10回コース 150,000円(税別)
所用時間
90分

自由が丘クリニックは、リンパドレナージュと静脈マッサージの『巡活マッサージ』認定クリニックです。「NPO法人 皮膚の健康研究機構」が認定した有資格者『マスター』が施術を行います。

『NPO法人 皮膚の健康研究機構』公式ホームページ


診療科目