AGA(男性の薄毛)

自由が丘クリニックの毛髪外来では、男性の薄毛「AGA」の治療を行っています。治療薬の処方やサプリメントに加え、免疫力向上や各種の頭皮頭髪ケアなど、その方に合った最適な治療を探り、薄毛の原因へ多角的にアプローチします。

AGA治療はこのような方におすすめ

  • セルフケアで思ったような効果を得られない
  • 医師のもと、安全に薄毛治療をしたい

自由が丘クリニックのAGA治療のメリット

  • 毛髪再生医療のスペシャリストが施術を担当
  • 豊富な選択肢のなかから最適な治療法をご提案
  • 完全個室で、プライバシーに配慮

男性の薄毛、AGAの症状

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」という意味です。思春期以降に、額の生え際や頭頂部のどちらか一方、もしくは双方から薄くなっていきます。

AGAは、一般的に「遺伝」や「男性ホルモンの影響」などが主な原因と考えられており、年齢とともに抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。このような髪の毛の変化は、個人差はありますが、20代前後から始まって、30代で20%、40代で30%、50 代以降で40数%の男性に何らかの脱毛症状が現れます。

AGAは進行性のため、何もせずに放っておくと、症状が悪化し続けてしまいます。

参考:日本皮膚科学会ガイドライン『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版


AGAの進行パターン

出典:American Hair Loss Association「The Norwood Scale

日本人では前頭部、頭頂部ともに薄くなる「3V」が多い傾向にあります。

※上の図の「1」はほとんど薄毛傾向が現れていないため、省略しています。
※vertex……頭頂、bald……はげるという意味です


AGAの原因

 

髪の毛1本1本には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えることを繰り返していて、これを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼びます。

上の図のように、毛包は成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期がもっとも長く、通常では2〜6年間続きます。

AGAの人は、男性ホルモンの1つであるテストステロンが、5α-還元酵素(Ⅰ型、Ⅱ型)の作用でジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、これが毛乳頭細胞にある受容体と結合します。

すると、毛乳頭の働きが不活発になり、ヘアサイクルが乱れ成長期が短くなることで、髪は長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない毛が多くなると、全体として薄毛が目立つようになります。

 
5α-還元酵素とは
5α-還元酵素は、先述のとおり、テストステロンがジヒドロテストステロンへ変換される際に必要な還元酵素で、髪の成長に影響を及ぼします。

5α-還元酵素にはⅠ型とⅡ型とがあり、Ⅰ型は皮脂腺に多く存在するのに対し、Ⅱ型は毛乳頭に多く存在します。AGAが進んでいる場合には、特に後者のⅡ型が強く影響を及ぼしているとい言えます。

なお、この5α-還元酵素の作用や分泌量には個人差があり、遺伝が強く影響するとされています。
 

□遺伝や生活習慣にもAGAの原因が

  • 遺伝
  • ストレス
  • 食生活
  • 生活習慣

前出の5α-還元酵素のところでお話したように、AGAには先天的な原因として遺伝が大きく影響します。 また、日々のストレスや乱れた食生活、睡眠不足などの生活習慣の乱れも、後天的な原因として挙げられます。


自由が丘クリニックのAGA治療法

近年では、AGAの原因が判明し、「飲むタイプのAGA治療薬」が多く用いられるようになったことで、根気よく内服を続ければ、抜け毛の進行を抑える効果や改善効果が期待できるようになりました。

さらに、自由が丘クリニックの毛髪外来では、治療薬の処方に加え、免疫力向上や各種の頭皮頭髪ケアなど、その方に合った最適な治療を探り、薄毛の原因へ多角的にアプローチしています。


AGAの治療薬

当院では、内服薬はプロペシア・フィナステリド・ザガーロの3種、そして外用薬のミノキシジルを、その方の症状やご希望に合わせて処方します。

プロペシア ザガーロ
有効成分 フィナステリド デュタステリド
効能・効果 男性における男性型脱毛症の進行遅延 男性における男性型脱毛症
副作用 リビドー減退、勃起機能不全、肝機能障害 リビドー減退、勃起機能不全、精液量減少、射精障害、肝機能障害
作用する範囲 5α-還元酵素Ⅱ型のみ。 5α-還元酵素Ⅰ型、Ⅱ型。
用法・用量 男性成人には、通常0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。 男性成人には、通常0.1mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて0.5mgを1日1回経口投与する。
内服する期間 3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヶ月の連続投与が必要。 投与開始後3ヶ月で改善が認められる場合もあるが、治療効果を評価するためには、通常6ヶ月間の連続投与が必要。
併用を避けたい薬 特になし ケトコナゾール、ベラパミル塩酸塩又はジルチアゼム塩酸塩を含むもの
禁忌
※これに該当する方には投与不可、または慎重投与
(1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
(2)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の女性
(3)肝機能障害のある患者 ※慎重投与
(1) 本剤の成分及び他の5α-還元酵素阻害薬に対し過敏 症の既往歴のある患者
(2) 女性
(3) 小児等
(4) 重度の肝機能障害のある患者 慎重投与

参考:MSD株式会社|プロペシア
グラクソ・スミスクライン株式会社|ザガーロ

◎プロペシア(内服薬)

プロペシアは、2005年12月に国内で発売開始した、世界約60カ国で承認されている薬です。

プロペシアは、服用することで毛母細胞にまで入り込み、5α-還元酵素Ⅱ型の作用を阻害します。これにより、ジヒドロテストステロンの合成を防ぎ、AGAの進行を妨げます。

当院では、プロペシアの後発医薬品の「フィナステリド」も扱っています。

◎ザガーロ(内服薬)

ザガーロは2015年に承認された、新しいAGA治療薬です。ザガーロの優れている点は、5α-還元酵素Ⅱ型だけではなく、5α-還元酵素Ⅰ型にも効果があることです。これにより、ほかの内服薬に比べ、より高い発毛効果が見込めます。

◎自毛植毛

局所的に現れている薄毛におすすめしたいのが、ご自分の髪の毛を毛髪が薄い部分に移植する自毛植毛(自毛移植)です。
患者さまご自身の毛髪を使用するため、定着率が90%以上と高く、 拒絶反応や異物反応を起こす心配もありません。
自毛植毛についてくわしく見る


◎ミノキシジル(外用薬)

ミノキシジルは血管拡張剤の1種で、当初は高血圧の経口薬として用いられていました。そして、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、薄毛や脱毛症治療のための外用薬として販売されるようになりました。

ミノキシジルは、頭皮に塗布することで、脱毛を抑え発毛を促進します。


ONP有資格者による、サプリメントの調合も

当院には、ONP(※)有資格者が在籍し、AGA治療にサプリメントを取り入れています。
※ONP……オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル(栄養カウンセラー)

おすすめのサプリメントのレシピは、SZ × 亜鉛です。

◎SZ(セレノアZ)

セレノアは、ノコギリヤシから抽出したエキスを主成分とし、その他に亜鉛含有ビール酵母、イソフラボン、ビタミンAなどを含有しています。5α-還元酵素の作用を阻害し、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制するとされています。

ただし、SZは不妊の原因となることがあるため、パートナーが妊活中の場合にはお控えください。

◎亜鉛

亜鉛は、「男性のミネラル」といわれるほど重要な栄養素で、毛髪はもちろん、体全体の機能維持・改善に関係します。その作用範囲は、毛髪の発育増進、細胞分裂や代謝の促進など、広範囲にわたります。

上のイラストでは1日2粒を摂取量の目安としますが、亜鉛だけ摂る場合には1日6粒を推奨しています。


各種検査

機械を装着、または採血して検査をすることで、健康状態や不足している栄養素などを知ることができます。この検査結果などをもとに、その方に合ったサプリメントを調合し、症状の改善を目指します。

◎エステック

エステックは、厚生労働省や米FDAで認可されている、通電式検診スキャナーです。

微弱な電流を体に流し、3D画像、グラフ、数値などで結果を表示します。検査は5分程度で終わり、その日のうちに健康状態、内臓機能の状態、血管年齢などのデータを得ることができます。


◎オーソモレキュラー

オーソモレキュラー療法は、栄養素を用いて細胞の働きを向上させ、さまざまな病気の治癒を目指す治療です。

まず血液を採取し、詳細な血液検査(約60~70項目)を行います。その検査結果に基づき、栄養医学(分子整合栄養医学)の方法論と、これまでに蓄積してきた統計的臨床データに基づき、その方に必要な栄養素と量を解析し、レポートします。

注意事項として、検査の8時間前から食事を控えていただきます。結果が出るまでには3週間程度かかります。


AGA治療の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

副作用・
ダウンタイム
・薬の内服により、リビドー減退、勃起機能不全、精液量減少、射精障害、肝機能障害などが生じることがあります。
・ミノキシジルの外用により、接触性皮膚炎(かぶれ)、かゆみが現れることがあります。

料金

施術名 男性の薄毛「AGA」の治療
料金 処方薬 プロペシア 28錠(28日分) 10,000円(税別)
フィナステリド 28錠(28日分) 8,000円(税別)
ザガーロ 30カプセル(30日分) 12,000円(税別)
ミノキシジル 3% 10,000円(税別)
5% 9,000円(税別)
15% 15,000円(税別)
サプリメント SZ
(セレノアZ)
30粒(5〜10日分) 5,407円(税別)
90粒(15〜30日分) 11,760円(税別)
亜鉛 60粒(10〜30日分) 4,565円(税別)
120粒(20〜60日分) 9,121円(税別)
オプション 血液検査 肝機能検査 3,000円(税別)
前立腺 肝機能検査 4,500円(税別)
エステック 1回 15,000円(税別)
オーソモレキュラー 25,000〜37,500円(税別)
初診料 3,000円(税別)

※治療内容等により料金が異なりますので、カウンセリングに十分ご相談ください。
※経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。
※当院で使用される薬剤・医療機器には、厚生労働省の承認を受けていないものもございます。論文やデータをもとに慎重な検討をしたうえで、医療機器や薬剤を選択しております。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter