当院は厚生労働省医療機関ホームページガイドラインを踏まえ、症例写真や患者様の声は掲載しておりません。
calendarご予約
phone-number 0800-808-8200
10:00~19:00 年中無休 ※事務局03-5701-7400
アクセス
ホクロの除去 ホクロの除去

ホクロの除去

ホクロをきれいに取り去る

体の中で一番ほくろが出来やすい場所が顔です。そのため、ほくろがコンプレックスとなっている方も多いのではないでしょうか。小さなホクロはチャームポイントとして、それ自体が個性となる人もいますが、大きく盛り上がったホクロや、顔の表面に広がるホクロは、やはり多くの人にとって悩みの種です。

ほくろとは

hokuro_001_txt01
hokuro_001_txt02
 

除去方法

ほくろはイボと違い、皮膚の表面ではなく皮膚の内側から出来るものです。そのため皮膚からもり上がった部分だけを削り取っても、完全に除去したことにはなりません。ホクロの直下の皮膚を深く(全層で)取り除くことが原則となりますが、取り方や創の処理の仕方にいくつかの方法があります。

くり抜き法

メスを用いて、ほくろとその下の皮膚を丸くくり抜く方法です。皮膚に開いた穴は通常縫合はせず、自然にふさがるのを待ちます(大きいほくろをくり抜いた場合には傷がふさがるのにより期間がかかるため、巾着のように糸をかけて絞り、穴を小さくしておくこともあります)。 ほくろの大きさにもよりますが、傷が完全にふさがるには1~2週間ほどかかります。次に述べる「切除縫合法」では歪みによる 変形が生じやすい部位(鼻など)に、特に良い適応があります。 最近はレーザー治療で取り除く方法(後述)が主流なので この方法を行うことは少なくなりましたが、レーザー治療に比べて熱損傷が無い、切除した組織の病理診断(皮膚がんの疑いがある場合など)が確実に行えるという利点もあるので、時には実施することがあります。

hokuro02_zu1
 

切除縫合法

ほくろとその下の皮膚全層をメスで切除した後、周囲の皮膚を引き寄せて縫合し、傷を完全に閉鎖する方法です。 この方法では、ほくろを完全に除去することが前提なので、再発のリスクがありません。また、くり抜き法のように自然閉鎖を待つよりも、早く確実に傷が治癒するのが大きな利点です。 ただし、切除したあとの傷を無理なく縫い寄せるためには、 周囲の正常な皮膚も含めて紡錘形に切除する必要があります(くり抜き法の様な丸い傷口を縫って閉じようとすると、皮膚のだぶつきにより歪みが生じる)。 そのため縫い傷が直線状となり、その長さはほくろの直径の2~3倍になります。しかし丁寧に縫合することによって、傷あとは非常に目立たなくなりますし、比較的大きなほくろ(直径5mm 以上)の場合にはくり抜き法やレーザー法ではへこみが残りやすいので、こちらを選択します。 ただし、縫い縮めることでまぶたや唇などが引っ張られて変形する恐れがあるような場合には、あえてくり抜き法(レーザー治療も含む)を選択することもあります。

hokuro02_zu2
 

炭素ガスレーザー法

炭酸ガスレーザーは組織中の水分に吸収され、その際に発生する熱によって組織を気化・蒸散します。ほくろだけでなくイボ、ウオノメ、隆起したアザなどの除去にも有効です。 レーザー治療は先に述べた「くり抜き法」に比べ、出血が殆ど起こらないのが大きな利点です。また施術自体も簡単で、比較的短時間で施行できるので、 一度に多数のほくろを除去する場合に最も適した方法と言えます。

非常に大きなほくろでお悩みの方

hokuro_sttl02_4_pic

直径1cm を超えるようなほくろの場合、体幹であれば切除後に無理なく縫い縮めることもできますが、顔面では変形を生じたり長い縫い傷が目立つ恐れがあります。 一方くり抜き法やレーザー治療法では、皮膚欠損が大きいと傷が閉じる(上皮化する)のに非常に期間を要し、その後へこみが残ったり赤みが長引く、ケロイドになりやすいなどの問題があります。 そこで、場合によっては皮弁法(周囲の皮膚の移動や回転によって欠損部をおおう方法)や植皮法(別の場所から皮膚を切り取って欠損部に移植する方法)を選択することもあります。

 

アフターケア

切除縫合法では、縫い目に緊張がかかっていると傷あとが少しづつ広がって目立ってくることがあるので、これを防止するためしばらくテーピングを行って頂くことがあります。 くり抜き法、レーザー治療法では傷が閉じるまで(10日~2週間)軟膏を塗り、テープで被って頂きます。またその後は紫外線による色素沈着が大変起こりやすいので、外出時には引き続きテープを貼るか日焼け止めクリームをしっかり使うなどの配慮が必要です。 レーザー治療後は、熱の作用によりしばらく傷の赤みが出やすいですが、アフターケアを丁寧に行えばいずれは消失します。

料金

施術名 ホクロの除去
料金 切除縫合法 レーザー治療
90,000円〜(税別) 10,000円〜(税別)
初診料 3,000円(税別)
所要時間の目安 約5分~約1時間(ホクロの大きさや施術内容により所要時間は異なりますのでご了承下さい。) 
通院回数の目安

1回目:カウンセリング

レーザー治療の場合には即日施術。手術の場合には原則として後日施行。

2回目以降:手術の場合は 翌日処置

5日目抜糸。レーザー治療の場合は1~2週間後に再診。いずれの場合もそれ以降、傷あとの経過をみるため、定期検診(1~3ヶ月毎)をおすすめしています。

料金
切除縫合法 90,000円〜(税別)
レーザー治療 10,000円〜(税別)
初診料
3,000円(税別)
所要時間の目安
約5分~約1時間(ホクロの大きさや施術内容により所要時間は異なりますのでご了承下さい。) 
通院回数の目安

1回目:カウンセリング

レーザー治療の場合には即日施術。手術の場合には原則として後日施行。

2回目以降:手術の場合は 翌日処置

5日目抜糸。レーザー治療の場合は1~2週間後に再診。いずれの場合もそれ以降、傷あとの経過をみるため、定期検診(1~3ヶ月毎)をおすすめしています。

※ ホクロの種類、大きさ、範囲により料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。


診療科目