学会活動

アジア美容国際学会で注入療法について発表をしました

東京、成都・上海、ソウルの4都市をオンラインで結ぶ、リモートによる国際美容外科学会が開催され、当院のドクター陣が講演を行いました。

8月27日〜29日、日本・東京、中国・成都&上海、韓国・ソウルの4都市をオンラインで結ぶ、リモートによる国際美容外科学会が開催されました。

その日本会場として、自由が丘クリニックが選ばれ、当院理事長の古山登隆ドクター中北信昭総院長佐藤英明院長宗雪正美ソフィア院長兵頭徹也ドクターがヒアルロン酸ボツリヌスによる注入医療をはじめ、美容外科手術、レーザー治療など各々の専門分野について講演を行いました。

また当院に関わりが深いドクター陣もご登壇。
北里大学名誉教授、自由が丘クリニック非常勤 塩谷信幸先生
日本美容外科学会理事長、自由が丘クリニック非常勤 大慈弥裕之先生
聖路加国際病院特別顧問 大竹尚之先生
千葉大学形成美容外科教授 三川伸之先生
自由が丘クリニック非常勤 緒方寿夫先生
が、自由が丘クリニックに集結。
日本の最新美容医療について、アジアに向けて発信しました。

コロナ禍に於ける初の試みであった、中国美容外科学会主催の「日中韓合同の国際学会」でしたが、期間中20万人以上の医師、美容医療関係者が視聴し、中国国内では、注目ニュースとして報道されました。

関連記事