目頭切開

目頭切開は、目頭の皮膚を切開して目の横幅を鼻の方へ広げ、目を大きく見せる手術です。専門的には内眥(ないし)形成術または内眼角形成術といいます。蒙古(もうこ)ひだという、東洋人特有のまぶたを持つ方に適しており、多くの場合、二重まぶた切開と組み合わせて行います。

目頭切開はこのような方におすすめ

  • 目頭の皮膚が眼球に覆いかぶさっている
  • 平行型、または幅広めの二重にしたい
  • ぱっちりとした印象的な目にしたい
  • 左右の目が離れている

目頭切開のメリット

  • 目の大きさの左右差を調整できる
  • 二重が元に戻りづらくなる
  • 二重まぶた切開法目尻切開との組み合わせも可能
  • 美しい目もとを長く維持できる

蒙古ひだには目頭切開

西洋人の目

東洋人に特徴的な「蒙古ひだ」



東洋人は、西洋人と比べて目頭に皮膚のひだがかぶさっていることが多く、これを「蒙古(もうこ)ひだ」と呼びます。人によりその程度はさまざまですが、このひだが目を小さく見せ、目と目の間が離れて見える原因になっています。

そこで、蒙古ひだに切開を加えて目頭を鼻側に広げる目頭切開を施すことで、大きくぱっちりした目元を手に入れることができます。


手術についてくわしく

当院の目頭切開には複数の選択肢があり、目の状態に合わせて適したものを選びます。

  • Z形成
  • W形成

◎ Z形成

Z形成は、皮膚弁AとBの位置を入れ替えて縫合することにより、蒙古ひだの緊張が緩み、目頭が鼻側へ開くという仕組みです。

切開といっても、単純に切り離すだけではありません。皮膚のひだを鼻側に移動し、ひだの裏に隠れている本来の目頭が見えるようにします。

Z形成は、下記のイラストのように弁の作り方や皮膚切除の有無が調整可能で、患者さまの目の状態やご希望に合わせて、最適な方法を選択します。


◎ W形成

W形成は、ほかの施術と違い、皮弁の入れ替えを行わない術式です。目頭の皮膚をW字のように切除し、縫縮します。


目と目の距離の、理想的なバランスについて

多くの人が美しいと感じる目元は、左右の目それぞれの幅と、目の間の距離とが「1:1:1」という比率になっています。

当院の目頭切開は、解剖学の知見が深いドクターが担当します。ドクターが直接ご希望をしっかりお聞きしたうえで、美的バランスにも配慮してデザインをご提案します。


ほかの施術との組み合わせもおすすめ

◎ 二重まぶた切開法

目頭切開は、単に目の横幅を広げる目的以外にも、二重の手術をより効果的に見せるために行うことがあります。

特に、平行型の幅広い二重にしたい場合、蒙古ひだが発達しているとその緊張によって、目頭側の重瞼線が作れない、または作っても消失しやすい(末広型に戻ってしまう)という問題が起こります。

そこで、目頭切開と切開法を併用することで、患者さまが理想とする美しく大きな目に近づけることができます。


◎ 目尻切開

目の横幅を広げる別の方法として、目尻切開があります。目尻切開は、目頭切開のように皮膚弁の移動を行うわけではなく、基本的には目尻を切り開いて、それぞれの切り口を縫合するというものです。目頭切開との併用も可能です。

しかし、目尻切開には、極端な切開による下三白眼や粘膜の露出、そのほか見た目の不自然さなどの失敗例がよく聞かれます。そのため、手術の計画やデザインは慎重に行う必要があります。


◎ 外眼角靱帯固定術

眼角靱帯固定術は、適応があると判断されれば行っています。目頭にある内眼角靱帯のようにしっかりしたものではありませんが、目尻にも皮膚を骨に固定している靱帯が存在します。おもに老化によってこの靱帯が緩むと、目の幅が小さくなり、下まぶたも緩んで下がってしまいます。

このような場合には外眼角靱帯を縫い縮めることによって、自然な形態を崩さずに少し目の横幅を拡大し、下まぶたの垂れ下がりもある程度解消することができます。また、靱帯の骨への付着部を移動することによって、いわゆる「たれ目」を多少吊り上げることが可能な場合もあります。


目頭切開を元に戻す(修正)手術について

当院で行っている目頭切開術は「不自然」あるいは「やりすぎ」にならないことを重視し、ごく自然な仕上がりを目指しています。しかし、客観的に見れば大変きれいに仕上がっていても、「自分らしくない」と思い悩んでしまい、極めてまれではありますが元に戻して欲しいと希望される患者さまがいらっしゃいます。

当院のZ形成術変法は、元に戻すのが比較的簡単という特長がありますので、気になる点がある際にはお気軽にご相談ください。


目頭切開に関するよくある質問

Q左右の目の間隔が狭いのですが、目頭切開はできますか?

A目と目の間(内眼角間距離)が元々狭い場合には、美的観点から目頭切開をおすすめできません。前述の、目尻切開で目の幅を広げると良いでしょう。

Q目頭に傷あとが残ることはありませんか?

Aどれほど丁寧に縫合をしても、皮膚表面を切開するため、白い線のような傷あとが残ります。傷あとは、ファンデーションやコンシーラーでカバーすると、かなり目立ちづらくなります。


目頭切開の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

 
麻酔 局所麻酔
所要時間 1時間から1時間半程度
洗顔・入浴・
メイク
洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 抜糸後から可能
通院回数 診察 ▷ 手術 ▷ 手術翌日に患部のチェック ▷ 手術の7日後に抜糸 ▷ 手術の1ヶ月後に患部のチェック ▷ 手術の3ヶ月後に患部のチェック
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3ヶ月ほどで落ち着き、非常に目立たなくなりますが、完全に傷あとが消えてしまうわけではありません。
・個人差がありますが、目頭は傷が比較的ケロイド状(赤みが強く、ふくらんだ状態)になりやすい傾向にあります。ほとんどは一時的で、時間の経過とともに自然におさまっていきますが、まれに長期にわたって(6ヶ月以上)長引くことがあります。
・手術直後は、目頭の切れ込みが強すぎるように見える場合がありますが、時間の経過とともになじみ、2〜3ヶ月で自然な形になっていきます。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、糖尿病などで細菌に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱い。
注意事項 ・コンタクトレンズの使用は、抜糸まで控えてください。
・抜糸まで、サウナや激しい運動などの血流を活発にする行為はお控えください。
 

料金

施術名 目頭切開
料金 200,000〜280,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※検査料は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter