二重まぶた埋没法

埋没法は、皮膚の内側に特殊な糸を通し、2〜3ヶ所(2点法、3点法)を固定することで、二重のラインを作る治療です。 切開法に比べて、腫れなどのリスクが低いのが特長です。

二重まぶた埋没法はこのような方におすすめ

  • 手軽な施術で二重になりたい
  • 費用を抑えたい
  • ダウンタイムを抑えたい
  • さりげない二重にしたい

二重まぶた埋没法のメリット

  • まぶたのタイプによっては平行二重も作れる
  • 切開法に比べてダウンタイムが短い
  • 気に入らなかった場合などに元に戻せる可能性が高い

埋没法について

 

埋没法は、皮膚の内側に特殊な糸を通し、挙筋や瞼板へ2〜3ヶ所(2点法、3点法)固定することで、二重のラインを作る治療です。

生まれながらの二重では、眼瞼挙筋の先に伸びる挙筋腱膜がまぶたの裏に付着していて、この筋膜の力でまぶたを引き上げて目を開きます。埋没法では、この目が開く仕組みを、糸を用いて人工的に作ります。

当院では、美しい仕上がりのため、また患者さまのご希望になるべく添うため、手術の際にさまざまな工夫を凝らしています。

◎使用する糸や針への配慮

糸は髪の毛と同じ位の細いものを使用します。「異物が残らない」ことを理由に、吸収糸を用いる考えもありますが、当院では数多くの経験から、「後戻りが少ない」、「かえって炎症を起こしにくい」ことにより現在では非吸収糸を使用しています。

また、注射針やまぶたを縫う針はごく細いものを使用し、痛みや腫れなどのリスクを最小限に抑えています。

 

◎一人ひとりに合わせた術式

 

埋没法は、切開法に比べると腫れなどのリスクが低いものではありますが、場合によっては「すぐに戻ってしまった」「左右差がある」「まぶたが凸凹してしまう」などの失敗が聞かれます。

当院では、縫う点の数や糸を通す深さなど、美しく持続力のある仕上がりのため術式を柔軟にカスタマイズし、その方にとって最適な方法をご提案しています。


末広タイプか平行タイプか

二重のラインには、大きく分けて「末広タイプ」と「平行タイプ」とがあります。

一般的に、「自然な印象にしたいなら末広、華やかな目元にしたいなら平行」といわれますが、その方の目の形や顔全体のバランスによって、仕上がりのイメージは変わります。

トレンドや気分の変化によってメイクや目の形の好みが変わり、目の形は加齢によって変化していくため、長期的に考えたうえで、どのような二重にするか決めることをおすすめします。


埋没法が適さないタイプは?

  • まぶたの皮膚、筋肉が厚いor多い
  • まぶたの脂肪量が多い
  • 極端な幅広二重にしたい
  • 以前に埋没法をしたが、すぐに取れてしまった

上記にあてはまるタイプは、埋没法が不可能というわけではないですが、もちが悪くなったり、見た目が不自然になったりなどの不都合が生じる可能性が高いかもしれません。特に皮膚や筋肉が厚く、脂肪が多い方の幅広二重は自然な仕上がりにするのが難しいでしょう。

また、幅の狭い末広タイプをご希望でも、まぶたの状態によっては埋没法が適さないこともあります。

このような場合には、皮膚を切開して余分な筋肉や脂肪を除去してから二重を作る、切開法をおすすめしています。


埋没法を受ける際の注意点

■埋没法でも多少の腫れが

埋没法はその手軽さがメリットとして挙げられますが、巷に良く見られる「切らない、腫れない、痛くない」などの言葉を鵜呑みにするのは危険です。

埋没法では、皮膚を「全く切らない」わけではなく、先述のように微小な切開を行います。そして、切開をする以上、腫れは必ず起こります。ただし切開法に比べれば通常その程度はずっと軽く、早く引きます。 また、術後の痛みはさほどありませんが、麻酔の注射ではある程度の痛みを伴います。

■術後の後戻りについて

 

埋没法はときに後戻りが起こる(二重が取れて元の状態に戻る)ことがあります。これは、切開法のようなしっかりした癒着が起こりにくいためです。また、元々の皮膚や筋肉の厚みや硬さ、脂肪の量などによっても左右されるため、後戻りのしやすさには個人差があることをご理解ください。

何度も後戻りするようであれば、切開法への変更をおすすめします。

まぶたには眼瞼下垂など、埋没法では解決できない要素が多く、その点からも切開法での治療は有効といえます。診察でお悩みの原因を突き止め、そのうえで適した解決法を探っていきましょう。

 

施術の流れ

初回は診察のみで、手術は別日となります。

STEP1

デザイン

手術の前に診察室で患者様のご希望をよく聴き、鏡を見ながら二重の形と幅を決めます。

これを基に、実際の手術ではベッドに横になって頂いてから、計測により糸でとめる位置を正確にデザインします。

STEP2

麻酔

皮膚と眼瞼結膜(まぶたの裏側の粘膜)へ局所麻酔の注射を、結膜には点眼麻酔を施します。

STEP3

手術

手術は、両目30分程度で終わります。縫った糸は皮内に埋没させるため、外から見えることはなく、抜糸の必要もありません。


二重まぶた埋没法の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔局所麻酔
施術の所要時間1時間程度
メイクや入浴メイクは手術の1週間後から可能です。シャワーは翌日から、顔を濡らさないようにすれば可能です。入浴は腫れが概ね引いてからにしてください。
通院回数の目安少なくとも2回。1回め 診察、2回め手術。
入院の有無なし
副作用・
ダウンタイム
・切開部分は微小なので皮膚縫合は行いません。3〜4日で自然に閉じます。
・術後の腫れは通常1週間以内にほぼ消失しますが、程度や回復期間には個人差が大きいことをご理解ください。また、非常に幅の広い二重にした場合には、2〜3週間ほど腫れが残ることもあります。
・腫れがあるうちは、まぶたが十分に開かず、また二重の幅が広く見えるのが通例です。
・二重の幅が同じになるよう細心の注意を払っていますが、それでも術後に左右差が生じることがあります。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、糸が異物となって炎症が起こり、細菌感染を招くことがあります。抗生物質の投与などでおさまらない場合には、糸を抜去せざるを得ないこともあります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱い。

料金

 
施術名 二重まぶた埋没法
料金 120,000~170,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)
 

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※検査料は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

 
医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter