眼瞼下垂

眼瞼下垂術は、重い、開きづらいまぶたの治療です。まぶたを切開して腱膜を前下方へ引き出して瞼板へ固定し、まぶたを引き上げる力を取り戻します。

 

眼瞼下垂の治療は、美容外科で

 
美容外科なら……

  • デザイン性に配慮できる
  • 左右差、顔全体のバランスまで考えられる
 

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、「眼瞼下垂症」として所定の診断基準を満たすと保険適用になります。

通常、保険適用では形成外科の範囲でしか治療を行えず、症状の改善しか期待できません。そのため、元々ある左右差の調整やデザインができないこともあります。

しかし、美容医療のエキスパートが行う当院の眼瞼下垂治療は、症状の改善とともに美的な観点をふまえたデザインが可能です。手術は、担当医師による丁寧なカウンセリングのもと行われ、「視界の快適さ」と「魅力的な目元」の両方を叶えることができます。


眼瞼下垂治療はこのような方におすすめ

  • 眠そうな目、目つきが悪いと言われる
  • 三重、または四重まぶたになっている
  • 瞳孔(黒目の中心部分)に上まぶたがかかっている
  • 黒目の中心から上まぶたの縁までの距離が2mm以下
  • 額の横じわが深くなっている
  • ひどい頭痛や肩こりがある
  • 自律神経が乱れ、不眠やうつ病の傾向がある

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、まぶたを引き上げる筋肉「眼瞼挙筋(がんけんきょきん、以下挙筋)」につながっている挙筋腱膜(きょきんけんまく)が 、伸びたり瞼板から外れたりする病気です。このような挙筋腱膜が原因の眼瞼下垂を、「腱膜性眼瞼下垂症」と呼びます。

正常な状態の場合、目を開けようとすると挙筋が収縮し、その力が腱膜に伝わり瞼板が引き上げられまぶたが開きます。

しかし、老化あるいは摩擦などの物理的原因が繰り返されると 、腱膜と瞼板の接続部分が外れたり、腱膜自体が伸びたりしてしまうことがあります。すると、挙筋の力が瞼板に伝わりにくくなり、うまくまぶたを持ち上げることができなくなります。

  眼瞼下垂の原因にはさまざまありますが、加齢や、ハードコンタクトレンズの脱着でまぶたを強く引っ張る、アレルギーによるかゆみでまぶたを強くこするなどの習慣で、症状が進むとされています。


■眼瞼下垂は、さまざまな不調の原因となる

 

まぶたの開きが悪くなると、目は他の筋肉を使ってまぶたを持ち上げようとします。

その代表的なものが額の筋肉(前頭筋)で、眼瞼下垂が進むにつれて、常にこの前頭筋を使って目の開きを助けようとするため、額にしわができるようになります。これにより、老けた印象になるだけでなく、頭痛や肩こり、疲労の原因となります。

また、まぶたは眼瞼挙筋以外にも、ミューラー筋というまぶたの開きを助ける筋肉があります。眼瞼下垂になると、このミューラー筋を動かしている交感神経が常に緊張するようになり、不眠やうつ病を引き起こすことがあります。

眼瞼下垂がかなり進むと、見た目の問題だけでなく、視野が極端に狭くなってつまずきやすくなる、など日常生活に支障をきたすようになります。

眼瞼下垂は、セルフケアでは改善しないため、なるべく早めに医療機関で治療を受けることをおすすめします。


眼瞼下垂の治療:挙筋腱膜前転術

 
   

前述のように、眼瞼下垂は挙筋腱膜の外れやゆるみが原因のため、腱膜を修復する治療「挙筋腱膜前転術(挙筋腱膜前転術)」を行います。 上の図は、腱膜性眼瞼下垂に対して当院で行っている基本的な手術「挙筋腱膜前転術(挙筋腱膜前転術)」です。

挙筋腱膜前転術では、まぶたを切開し、ゆるんでいるまたは外れている挙筋腱膜を引き出して、腱膜の張りを回復させるように瞼板に縫い付けます。

さらに、当院では単に腱膜の修復を行うだけでなく、皮膚のたるみを切り取ったり、きれいで自然な二重になるように仕上げたりなど、 顔全体のバランスを見ながら美しい仕上がりを目指します。


額のボトックス注射後にまぶたが下がったら、眼瞼下垂かも?

 

「ボトックス注射で額のしわ取りをしたら、まぶたが重くなった。」「大きく開かなくなった。」という方は、眼瞼下垂の疑いがあります。

先述のように、眼瞼下垂が進むと、額の前頭筋を使って目の開きを助けようとするため、額にしわができるようになります。そのしわを取るためにボトックス注射を打った際にその筋弛緩作用により前頭筋の筋力が減退し、まぶたを大きく開けられなくなってしまいます。

ボトックス注射の効果は、施術直後ではなく、数日〜1週間後に現れます。まぶたの不調を感じた場合は、お早めにご相談ください。


眉毛リフト(眉毛挙上)も同時に行える

まぶたの状態によっては、眼瞼下垂だけでは、思っていたよりすっきりした目元にならないことがあります。 そのような場合には、眼瞼下垂の手術の際に、眉毛の位置を上げる治療「眉毛リフト(眉毛挙上)」を組み合わせて行うのがおすすめです。

眉毛リフトでは、眉の上や頭皮の生え際、頭皮の中を切開し、まぶたを引き上げます。すると、たるんだまぶたの皮膚も持ち上げられ、よりすっきりした、快活な印象の目元になります。

実際の施術は、眉毛リフトを施してから眼瞼下垂という順で、それぞれ別日に行います。
※眉毛リフトは自由診療のため、保険診療の眼瞼下垂とは別会計になります。


眼瞼下垂の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

 
麻酔局所麻酔
施術の所要時間両目で2時間程度
洗顔・メイク・入浴洗顔は翌日から、メイクは抜糸後から可能です。シャワーは翌日から、顔を濡らさないようにすれば可能です。入浴は腫れが概ね引いてからにしてください。
通院回数4回。1回目→診察2回め 手術→3回め 手術翌日に患部のチェックと検査→4回め 手術の7日後に抜糸
入院の有無なし
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3ヶ月ほどで落ち着き、非情に目立たなくなりますが、完全に傷あとが消えてしまうわけではありません。
・まぶたは非常に腫れやすく、内出血の色(赤紫色)が出やすい部位です。強い腫れや内出血は術後2週間ほどでかなり改善しますが、完全に消失するには通常1〜3ヶ月程度かかります。また、腫れの程度や回復期間は、個人差が大きいことをご理解ください。
・腫れがあるうちは、まぶたが十分に開かず、また二重の幅が広く見えるのが通例です。
・まつ毛の感覚異常が3ヶ月程度続くことがあります。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、糖尿病などで最近に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・下垂の改善度合いが不十分、または過矯正、左右差など。
注意事項抜糸まで、入浴やサウナ、激しい運動などの血流を活発にする行為はお控えください。

料金

施術名 眼瞼下垂
料金 550,000〜770,000円(税別)
※眼瞼下垂の診断基準を満たせば保険適用となります。
初診料 5,000円(税別)

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※検査料は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter