スレッドリフト

スレッドリフトは、フェイスリフトのような大掛かりな手術をすることなく、時間が経つと体内に吸収される特殊な糸を皮膚の下に通して、たるみをリフトアップする治療です。目元や口元、首などの部分的な施術も可能です。

スレッドリフトはこのような方におすすめ

  • 頬や顎のたるみが気になる
  • ほうれい線やマリオネットラインが深くなった
  • フェイスラインがぼやけて大きく見える
  • 肌に活力がない
  • 大掛かりな手術はしたくない

スレッドリフトのメリット

  • 施術後すぐに効果を実感できる
  • たるみ予防もできる
  • ハリや弾力のある肌になる
  • 美肌効果も得られる
  • 予防的なエイジングケアもできる
  • 翌日からメイクができる

スレッドリフトの効果

加齢によって起こるたるみは、筋肉の緊張が徐々に衰え、皮下脂肪が減少するうえにゆるんで生じます。

そこで、スレッドリフトでは、円錐状のバイオコーンやコグ(トゲのようなもの)の付いた糸を挿入して組織へ引っ掛け、土台からたるみを持ちあげて、シャープで若々しいフェイスラインへと整えます。 また、糸周辺にできるコラーゲンなどの線維化組織が皮膚や皮下組織を支え、糸が吸収されてもリフティング効果が持続します。

バイオコーンやコグ(トゲのようなもの)の刺激で皮膚内の細胞が活性し、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されるのもスレッドリフトの大きな特長です。施術後2ヶ月程度経つと、肌のハリや弾力、潤いをアップさせるリバイタライジング効果により、肌の変化を感じることができます。


スレッドリフトで使用する糸について

一般的にスレッドリフトに使用されている糸には、「溶ける糸(吸収性)」と「溶けない糸(非吸収性)」があります。

溶けない糸では、老化が進んだ際に皮膚が薄くなって糸の線が出る、不自然な引きつれを起こす、などの可能性があるため、自由が丘クリニックでは安全性に配慮して「溶ける糸」のみを使用しています。

◎当院の人気NO.1 シルエットソフト

ダウンタイム:★☆☆

シルエットソフトは、糸に円錐状の立体「バイオコーン」がついており、糸中央を起点に逆Vの字に挿入して、強力にたるみを引き上げます。バイオコーンは360度調整できるので、立体的で自然なリフトアップ効果が得られます。

糸が体内に吸収されるまでに18ヶ月以上、バイオコーンは8〜12ヶ月かかり、その後もコーンの周りに生成されたコラーゲンやエラスチンが肌のハリを持続させるため、効果は2年近く続きます。


◎そのほかのスレッドリフト

アンカレッジリフト

ダウンタイム:★★☆

アンカレッジリフトの細かい棘のついた糸の先端には、湾曲した針がついており、引き上げた皮膚をしっかり筋膜に固定するため、引き上げが強力です。 さらに、たるみを引き上げると同時にコラーゲンやエラスチンが増産されるため、すっきりとした若々しいフェイスラインに整えることが可能です。

アンカレッジは、縫い針と同じ構造で、糸の先端にまっすぐな針がついています。糸を挿入したら、反対側の釣り糸のように彎曲している方を引きます。それにより細かい毛の向きが逆になり、リフトアップ効果を高めます。この彎曲した針は、筋膜や骨膜などにしっかり固定するためにこのような形状になっています。

アンカレッジリフトは、術後1週間での抜糸が必要です。効果の持続期間は1年半程度です。


ハッピーリフト

ダウンタイム:★☆☆

ハッピーリフトは、ロシアで開発された「ロシアンリフト」という治療法が元になっています。 欧米では「フェザーリフト」として広く行われています。 たるみを引き上げると同時に、コラーゲンやエラスチンが増産されるので、肌のハリ感もアップします。

ハッピーリフトの糸は、細かい毛のようなものが糸の中心に向かって左右対称にデザインされています。これにより、皮膚の深層部に糸を固定するのではなく、この細かい糸自体が皮膚の内で支え合い皮膚や皮下組織を保持します。 効果の持続期間は1年程度が目安です。


ヒト幹細胞培養上清液との併用治療も可能

スレッドリフトの種類を問わず、ヒト幹細胞培養上清液をオプション的にプラスすることもできます。

ヒト幹細胞培養上清液とは、幹細胞を培養した後の上澄み液のことです。ヒト幹細胞培養上清液には何百種類もの成長因子が含まれており、抗酸化作用・創傷治癒効果、しわ改善防止効果などの、美容や健康への効果に期待ができます。

このヒト幹細胞培養上清液を糸に沿って注入、また注射でも注入して皮膚を内と外からサンドイッチ状にすることで、たるみの改善や肌の弾力アップ、抗酸化作用によるエイジングケアを図ります。

豊富な成長因子が肌の奥に留まり、たるみのないハリを感じさせる肌を長く維持します。さらに、成長因子の創傷治癒効果により、術後のダウンタイムも短くなるとされています。

使用するヒト幹細胞培養上清液は、国内で製造されたものを厳選し、感染リスクや免疫反応などを回避しているため、安全性が高いのが特長です。

当院では、このヒト幹細胞培養上清を使用するスレッドリフトを「マトリックスリフト®」と呼んでいます。
マトリックスリフト®についてくわしく


自由が丘クリニックのスレッドリフトが選ばれる理由

◎形成外科の知識を持つ名医が担当

スレッドリフトは満足度が高いとされる若返り治療ですが、糸の入れすぎや、不自然な仕上がりなどのトラブルが起こり得ます。

安全で満足度の高いスレッドリフト術には、糸の選択や糸の挿入方向など、きめ細やかなプランニングが不可欠です。そして、このような繊細な施術には、高い技術力と解剖学などの形成外科領域の知識が求められます。

当院では、「どの箇所にどのようなアプローチをすれば治療効果が高いか」を熟知する、古山登隆ドクター佐藤英明ドクターらの、熟練のドクターが施術を担当し、低リスク&高効果の医療をご提供しています。


スレッドリフトの概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔局所麻酔
所要時間30〜40分程度
洗顔・入浴・メイク洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 翌日から可能。アンカレッジリフトで非吸収糸使用の場合は抜糸後から可能
副作用・
ダウンタイム
・引きつり感が出ることがありますが、通常1週間程度で消失します。
・内出血や腫れは通常2〜3日で落ち着きますが、完全回復には1週間程度かかることもあります。
・一部に凹凸が生じることがありますが、こちらは組織を吊り上げたことによるひずみで、2週間から1ヶ月程度で落ち着きます。
・糸の種類によっては糸の挿入部がえくぼ状に強く凹むことがありますが、通常は1週間程度で消失します。
・頬が突っ張って口が開きにくいと感じることがありますが、2週間程度で自然になります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 ・術後1〜2日程度は小さい肌色のテープを貼ります。
・術後2週間程度は激しい運動をお控えください。
・術後2週間程度はインディバ(高周波温熱療法)をお控えください。
・術後1ヶ月までは、なるべく大きな口を開けないようにしてください。

料金

スレッドリフト
シルエットソフト1本 100,000〜196,000円(税別)
※糸のコーン数によって料金が異なります。カウンセリングの際にご説明いたします。
アンカレッジリフト・ハッピーリフト1本 65,000〜140,000円(税別)
※糸の種類によって料金が異なります。カウンセリングの際にご説明いたします。
マトリックスリフト®
(ヒト幹細胞培養上清液との併用治療)
マトリックスリフト®についてはこちらをご覧ください。
初診料3,000円(税別)

※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※検査料は別途費用となります。
※治療・手術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter