『目もとの上手なエイジング』大慈弥裕之・古山登隆著書が10月5日出版。

当院の最新情報
2021.09.29
メディア情報

大慈弥裕之ドクター古山登隆理事長の最新著書『目もとの上手なエイジング』(ほかにも共著者あり)が、全日本病院出版会より2021年10月5日に出版されました。

目もとのエイジングにどう対処するか!?
眼瞼下垂の手術治療ヒアルロン酸ボツリヌストキシンでのシワ・タルミ治療、メイクのコツまでをやさしく解説。
美容・医療ジャーナリストのコラムで、美容医療を受ける際の”ホンネ”も分かる、目もとのエイジングに向き合うオトナ世代必読の一冊です。

大慈弥ドクターは「加齢に伴うまぶたのタルミ(眼瞼下垂)」を、古山理事長は「目もとのシワ・タルミの診断と治療」を執筆しております。

医学書を取り扱う書店やamazon.comをはじめ、自由が丘クリニック店頭でも販売しております。

【目次】
A 加齢に伴うまぶたのタルミ(眼瞼下垂) 大慈弥裕之
 Ⅰ.まぶたの基礎知識
  1.目もとの名称
  2.まぶたと眉がつくる見た目の印象
  3.加齢に伴う目もとの変化
  4.眼瞼下垂に伴う上顔面の変化
  5.上眼瞼の構造(解剖)
  6.まぶたの機能
  7.加齢に伴う眼瞼下垂の悩み
  8.日本人(東洋人)のまぶたのタルミと種類

 Ⅱ.腱膜性眼瞼下垂の診断と治療
  1.診断と程度
  2.腱膜性眼瞼下垂と区別(鑑別)すべきまぶたの下垂
  3.症 状
  4.腱膜性眼瞼下垂に伴う見た目の変化
  5.原 因
  6.治療法
  7.挙筋前転術の効果
  8.手術に伴う合併症リスクと対策

 Ⅲ.上眼瞼皮膚弛緩の診断と治療
  1.診 断
  2.上眼瞼皮膚弛緩と区別(鑑別)すべき疾患
  3.症 状
  4.上眼瞼皮膚弛緩に伴う見た目の変化
  5.原 因
  6.治療法
  7.眉毛下皮膚切除術の効果
  8.手術に伴う合併症リスクと対策

B 目もとのシワ・タルミの診断と治療 古山登隆
 Ⅰ.顔面アンチエイジング医療の基礎
  1.顔面注入治療の歴史
  2.顔の美の基準
  3.美しい目もと
  4.加齢による表情の変化
  5.顔面老化の原因と症状
  6.目もとの加齢変化
  7.非手術アンチエイジング美容医療に必要な顔面解剖

 Ⅱ.顔面若返り治療における非手術(ノンサージカル)治療の実際

 Ⅲ.目もとのシワに対するボツリヌストキシン製剤注射治療の実際
  1.治療の目的・必要性・有効性
  2.治療の対象(適応)
  3.治療の内容と性格および注意事項
  4.治療の禁忌
  5.治療の費用
  6.治療後の経過
  7.治療に伴う危険性と合併症
  8.偶発症発生時の対応
  9.部位による特性

 Ⅳ.目もとのクマ・シワ・タルミに対するヒアルロン酸注入治療の実際
  1.治療の目的・必要性・有効性
  2.治療の対象(適応)
  3.治療の内容と性格および注意事項
  4.治療の禁忌
  5.治療後の注意事項
  6.治療の費用
  7.治療後の経過
  8.治療に伴う危険性と合併症
  9.偶発症発生時の対応
  10.部位による特性

C1 元気な目もとのメイクアップ〜資生堂のヘアメイクが伝える美の基準とメイクアップ効果〜 砂川恵子著

C2 ダウンタイム期間のメイクアップ〜術後の腫れや内出血を目立たなくするカバー方法〜 青木和香恵著

コラム 美容取材40年・美容医療取材23年の経験からお伝えしたいこと 海野由利子著

ニュース一覧
医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
電話受付 : 9:30~19:00
診療時間 : 10:00~18:00/年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter