ほくろの除去

ほくろの除去は、炭酸ガスレーザーやメスを使い、ほくろの原因となる組織を取り除く治療です。

自由が丘クリニックのほくろ除去のメリット

ほくろの除去は一般皮膚科でもできますが、仕上がりの美しさなどへの配慮は当院のような美容皮膚科が得意とするところです。

特に、ほくろを気にされている方のほとんどが、顔のほくろの除去を希望されていることもあり、なおさら肌の負担軽減などのきめ細やかな配慮が求められます。


ほくろ除去の方法

ほくろはイボと違い、皮膚の表面ではなく皮膚の内側からできるものです。そのため、皮膚からもり上がった部分だけを削り取っても、完全に除去したことにはなりません。

ほくろの細胞全体を深く取り除くことが原則ですが、除去や後処理の仕方によっていくつかの方法にわかれます。

◎炭素ガスレーザー法

炭素ガスレーザー法は、ほくろにレーザーを照射して除去する治療です。

炭酸ガスレーザーは組織中の水分に吸収され、その際に発生する熱によって組織を気化・蒸散します。ほくろだけでなくイボ、ウオノメ、隆起したアザなどの除去にも有効です。

レーザー治療は後に述べる「くり抜き法」に比べ、出血がほとんど起こらないのが大きな利点です。また施術自体も簡単で、比較的短時間でできるので、一度に多数のほくろを除去する場合に最も適した方法と言えます。

傷が閉じるまで(10日~2週間)軟膏を塗り、テープで保護します。レーザー治療後は、削った部位に赤みが出ますが、アフターケアを丁寧に行えばいずれ消えます。


◎くり抜き法

 

くり抜き法は、メスを用いて、ほくろを円形にくり抜く方法です。

皮膚に開いた穴は通常では縫合せず、自然にふさがるのを待ちます。ただし、大きいほくろをくり抜いた場合には傷がふさがるのにより期間がかかるため、巾着のように糸をかけて絞り、穴を小さくしておくこともあります。

ほくろの大きさにもよりますが、傷が完全にふさがるには1~2週間ほどかかります。傷が閉じるまで(10日~2週間)軟膏を塗り、テープで保護します。

切除縫合法ではゆがみによる変形が生じやすい鼻などの部位に『くり抜き法』は適しています。

最近はレーザー治療で取り除く方法が主流のため、くり抜き法を行うことは少なくなりましたが、レーザー治療に比べて熱損傷がない、切除した組織の病理診断(皮膚がんの疑いがある場合など)が確実におこなえるという利点があります。


◎切除縫合法

切除縫合法は、ほくろをメスで切除した後、周囲の皮膚を引き寄せて縫合し、傷を完全に閉じる方法です。

この方法では、ほくろを完全に除去することが前提のため、再発のリスクをおさえられます。また、くり抜き法のように傷の自然閉鎖を待つよりも、早く治癒するのが大きな利点です。

縫い線は直線状となり、その長さはほくろの直径の2~3倍です。しかし丁寧に縫合することによって、傷あとはかなり目立たなくなり、また凹みが残りづらいという利点から、比較的大きなほくろ(直径5mm以上)の場合に適します。

ただし、皮膚を縫い縮めることでまぶたや唇などが引っ張られて変形する恐れがあるような場合には、『レーザー治療』や『くり抜き法』を選択することもあります。

切除縫合法では、縫い目に緊張がかかっていると傷あとが少しづつ広がって目立ってくることがあるので、これを防止するために、一定の期間テーピングをおこなうことがあります。

また、その後は紫外線による色素沈着が起こりやすいので、外出時には引き続きテープを貼る、日焼け止めクリームをしっかり塗る、などの配慮が必要です。


非常に大きいほくろでお悩みの方

直径1cmより大きいほくろの場合、その部位が体であれば切除後に無理なく縫い縮めることもできますが、顔面では変形を生じたり長い縫い傷が目立つ恐れがあります。

一方くり抜き法やレーザー治療法では、皮膚欠損が大きいと傷が閉じるのに時間がかかり、その後凹みが残る、赤みが生じる、ケロイドになりやすいなどの問題があります。

ほくろの種類や状態にあわせて、適切な治療をご提案しますので、まずはお気軽にドクターへご相談ください。


ほくろ除去の概要やリスクなど

麻酔麻酔シールまたは局所麻酔
所要時間10分〜1時間程度 ※治療内容によって異なります。
洗顔・入浴・メイク洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 1週間後から可能
通院回数診察 ▷ 施術 ▷ くり抜き法、切除縫合法の場合は手術翌日に患部のチェック ▷ 手術の場合は7日後に抜糸。レーザーの場合は1〜2週間後に患部のチェック ▷ 手術の1ヶ月後に患部のチェック ▷ 手術の3ヶ月後に患部のチェック
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
副作用・
ダウンタイム
・しばらく傷あとが赤く、硬くなります。通常は3か月程度で落ち着きますが、すっかりなじむまでには6ヶ月以上かかることもあります。
・ほくろを取り除いた場合、小さいものは数日で上皮化されますが、大きいものでは時間がかかる場合があります。特に、直径5mm以上のものや良性腫瘍の場合、色が落ち着き、陥没感がなくなるまでに時間がかかる傾向にあります。また、場合によっては色素沈着や多少の陥没感が残ることもあります。
・治療後に、再びほくろの組織が黒く出てくることがあります。
・感染(化膿):滅多にないことですが、どのような手術でも細菌感染が起こる可能性があります。
・血腫:手術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・麻酔を施す場合、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 ・くり抜き法では、傷が閉じるまで(10日~2週間)軟膏を塗り、テープで保護します。
・切除縫合法では、しばらくテーピングを行っていただくことがあります。また、紫外線による色素沈着が大変起こりやすいので、外出時にはテープを貼るか日焼け止めクリームをしっかり使うかなどのケアをお願いいたします。
・炭酸ガスレーザー法では、傷が閉じるまで(10日~2週間)軟膏を塗り、テープで保護します。
・病理検査の結果、万が一皮膚がんなどの悪性所見が認められた場合には、拡大切除や再建手術が必要となることがあります。その際には、専用の施設を紹介させていただきます。
・抜糸まで、サウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。

料金

施術名 ほくろの除去
料金 レーザー治療
ほくろの直径 4~5mm以下
※6mm以上はお問い合わせください
10,000〜70,000円(税別)
くり抜き法、切除縫合法 診断基準を満たせば保険適用
初診料 3,000円(税別)

※ほくろの種類、大きさ、範囲、数、治療内容等により料金が異なりますので、カウンセリングに十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※局所麻酔を使用する際の検査料は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。
※当院で使用される薬剤・医療機器には、厚生労働省の承認を受けていないものもございます。論文やデータをもとに慎重な検討をしたうえで、医療機器や薬剤を選択しております。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter