ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、ボリュームの減少などで影ができる原因にアプローチし、しわやたるみを改善するだけでなく、目を大きく見せたり、唇をふくよかにしたり、鼻を高くするなど、魅力的なパーツ形成もできる治療です。

ヒアルロン酸注射はこのような方におすすめ

  • ほうれい線が気になる
  • 頬のトップの位置が以前より下がってきている
  • 頬が全体的に痩せて影ができている
  • こめかみのあたりがくぼんできた
  • おでこの丸みがなくなり平らになってきた
  • 上まぶたが重い感じに見え、目が小さくなってきた

「最近、加齢サインが気になりだしたかも……」と思ったとき。それがエイジングケアを開始する良いタイミングです。症状がそれほど現れていない早めの時期から少しずつお手入れを行うことで、さりげない若返りが可能となります。

ヒアルロン酸注射のメリット

  • 短時間で終わる
  • ダウンタイムがほとんどない
  • 施術直後から効果を実感できる
  • エイジングケアだけでなく、魅力的なパーツ形成も可能

ヒアルロン酸注射の作用の仕組み、効果

ヒアルロン酸にはさまざまな硬さや粘度のものがあり、希望の部位や皮膚の薄さなどに合わせて、その方に適した薬材や注入方法を選択します。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在するものですが、加齢とともにヒアルロン酸の生成量は減少していきます。体内に存在するヒアルロン酸の量は、幼少時がもっとも多く、30代以降は急激にヒアルロン酸が減少していきます。

肌の保湿機能を持つヒアルロン酸が減少すると、その影響で肌の保水力が低下し、ハリが失われてしわやたるみなどの老化現象が始まります。しわやたるみには、骨の減少や筋肉や脂肪の下垂なども複雑に絡みあってきます。

そこで、ヒアルロン酸注射を施すことにより、加齢によって減少したボリュームを改善するとともに顔全体のバランスを整え、トータルで若々しいお顔を目指します。

ヒアルロン酸注射の効果は施術直後から実感でき、持続期間は薬材によりますが6ヶ月〜2年程度です。


気になる部分を理想の形に

気になるパーツを理想のかたちに近づけることができるヒアルロン酸注射は、鼻筋をシャープにする、ボリュームのある唇に整える、などのさまざまな“プチ整形”も可能です。


ボトックスとのコンビネーション注入

老化によるしわやくぼみは、その部分が凹むと同時に周囲の組織が下垂などにより移動し、顔全体の立体的な構造が失われることでできます。そこで変化の原因となるポイントにヒアルロン酸を注入することで、立体的な構造に改善します。

コンビネーション注入では、中顔面(目の下から口付近まで)を中心に、少量ずつのヒアルロン酸を注入し周囲の構造を立体的にして、ほうれい線やマリオネットラインを目立ちづらくします。

さらに、ボトックス注射を併用して眉間や目尻などの表情じわを目立たなくすることによって、自然でさりげない、若々しい印象をつくります。


自由が丘クリニックのヒアルロン酸注射が選ばれる理由


Point1
海外でも評価される、指導的立場にある医師が担当

自由が丘クリニックは、20余年前の開院当初から注入医療を行い、多くの症例を重ねています。

特に古山登隆ドクターは、アラガン社「AMI(Allagan Medical Institute) Japan」が認める注入指導医のトップ・ヘッドファカルティ、佐藤英明ドクターはファカルティとして活躍する、注入医療の第一人者です。海外の著名なドクターとともに、国内外問わずミーティング・セミナーなどで講演や実技指導を行っています。

ヒアルロン酸注射では、その方の状態や注入する位置や深さ、ヒアルロン酸の量などを考慮しながら施術を行います。この繊細なコントロールを要する注入ができるのは豊富な経験と実績があるからこそで、シンプルな施術ゆえに技術力が際立ちます。


Point2
自然かつ、魅力を引き出す注入メソッド

ヒアルロン酸注射をしているのに、若々しいどころか不自然に見えてしまうことがありますが、一体なぜなのでしょうか?それは、「顔全体で調和がとれていないから」です。

年齢を重ねると、骨・筋肉・脂肪の萎縮などにより顔のボリュームが減少します。額の丸みがなくなってきたり、こめかみがへこんだり、ほうれい線が深くなったり……というように、老化は顔全体に平等に現れます。それにもかかわらず、ほうれい線だけにヒアルロン酸を打ち続けていると、どうなるでしょうか?

鼻の横から口の上にかけてだけが若々しくなり、ほかの部位にはボリューム減少によるしぼみや影が残ったまま……というように、不調和が起こってしまいます。

一般的に美しいといわれる顔は、

  • バランスのとれた比率
  • 若々しい輪郭
  • 美しい曲線
  • 魅力的なパーツ
  • シンメトリーであること
  • 肌の美しさ

などの普遍的な美の基準のもとに成り立っています。

また、近年では、できてしまったしわやたるみそのものだけでなく、その原因となる周囲の組織も含めて顔全体にアプローチする「トータルフェイシャルトリートメント」治療が世界のトレンドになっています。この治療では目や鼻、唇の大きさや位置、自然な輪郭などさまざまな要素も重要になってきます。

当院では、これら美の基準や最新の注入メソッドなどをもとに綿密なデザインを行い、顔全体のバランスを調整するため、必要に応じてヒアルロン酸注射とボトックス注射を組みあわせます。そして、まるで時計の針が巻き戻ったかのような自然な若返りを叶え、同時に目や鼻などのパーツ美を引き出します。

診察の際には、上の写真のように「施術シート」という、具体的な注入量や注入箇所を書き込んだ用紙を作成し、これをもとにカウンセリングを行い、患者さまにお渡ししています。


Point3
安全性の高い薬材を使用

術後のトラブルを防ぐために、当院では安全性の高い製材を厳選し、導入しています。

また、先述のように古山ドクターや佐藤ドクターがアラガン社認定の注入指導医ということもあり、新しい薬材の情報をいち早くキャッチし、治療へ取り入れることができます。

薬材は新鮮なうちに使い切り、使用した薬材名やシリアルナンバーが書かれたシールを前出の施術シートに貼付し、患者さまのご安心へつながるよう努めています。

ヒアルロン酸注射に関するよくある質問

Qヒアルロン酸とボトックスの違いは何ですか?

A額や眉間、目尻のしわなどを改善したい場合はボトックス、ほうれい線などの肌のくぼみを改善したい、鼻の高さを出したい、顎のかたちを整えたいなど、しっかりとしたかたちをつけたい場合はヒアルロン酸を注入するのが一般的です。

また、ボトックスは筋肉の働きを緩めてしわやたるみを改善するのに対し、ヒアルロン酸はしわなどの溝を埋めたりボリュームを出すことによって、しわやたるみを緩和するイメージです。

どちらの手法が良いかはドクターが診察の際、アドバイスさせていただきます。

Qアレルギーの心配はありますか?

Aヒアルロン酸注射では、アレルギーテストを行っておりません。[br] もともと人の体内にある成分のため、副作用やアレルギー反応を起こす可能性はごく低いでしょう。


ヒアルロン酸注射の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔麻酔シールまたは麻酔クリーム
施術の所要時間1本 5〜10分程度
洗顔・メイク・入浴洗顔や入浴は当日から、メイクは翌日から可能です。
副作用・
ダウンタイム
・搔痒、圧痛を伴う炎症反応(発赤、浮腫、赤斑)など、これらは通常は一過性のものですが、1週間ほど継続することがあります。
・注入後の膿疹形成、肉芽腫、治療直後または後から発現する過敏症。
・注入後の経過が経った後、まれにアレルギー症状を起こす可能性。
・注入による塞栓またはそれに伴う様々な症状。
・血腫、感染、注入部位の着色または退色、神経圧迫。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱い。
注意事項施術後は、基本的には注射した部位をマッサージしないようにしてください。くわしくは医師の指示に従ってください。

料金

施術名ヒアルロン酸注射
料金(1本)150,000円〜290,000円(税別)
初診料3,000円(税別)

※薬材によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。
※当院で使用される薬剤・医療機器には、厚生労働省の承認を受けていないものもございます。論文やデータをもとに慎重な検討をしたうえで、医療機器や薬剤を選択しております。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter