オフィスホワイトニング

日常生活や加齢によって歯に蓄積した着色や汚れを分解し、透明感のある白い歯へと導く治療が「ホワイトニング」です。専用の薬剤を歯に塗布し、光をあてることで、歯を削ったり傷つけたりすることなく、歯本来の白さを取り戻すことができます。
当院では医師の管理のもと、高い効果と安全性が両立した「オフィスホワイトニング」を行っております。

オフィスホワイトニング

ホワイトニングはこのような方におすすめ

  • コーヒー、お茶、赤ワインなどの着色汚れが気になる
  • 年齢を重ねるとともに歯の色が黄ばんできたと感じる
  • 今よりも白く美しい歯になりたい
  • 人工的ではなく、自然な白さにしたい
  • 笑顔に自信を持ちたい

歯の黄ばみや着色汚れの原因とは?

歯は年齢とともに組織が老化することで黄ばんでいき、また、日常的に摂取するコーヒーやタバコ、お茶、赤ワインなどの色素が蓄積していくことで変色していきます。歯は表面のエナメル層とその内側にある象牙質からできていますが、歯が変色する原因はエナメル質にあります。

食べ物や飲み物の色素がエナメル質表面の膜と結合することで、着色汚れ(ステイン)となって歯に付着し、基盤で見えるようになります。このステインはエナメル質に入りこんでしまっているため、通常の歯磨きやクリーニングだけでは落とせなくなっています。

歯に着色しやすい飲み物と食べ物

オフィスホワイトニングの仕組みとは?

オフィスホワイトニングでは過酸化水素を主成分とした薬剤を使用します。過酸化水素配合のジェルを歯に塗布した後、熱と紫外線をカットした特殊な光を照射することで、過酸化水素がエナメル質に浸透し、働きを活性化。着色物質に過酸化水素から発生した酸素が結合することで、着色物を無色透明に分解し、歯を漂白します。

また、過酸化水素がエナメル質表層の構造を変化させることで光の乱反射を起こす「マスキング効果」によって、エナメル質をくもりガラスのようにして白く見せるといった作用もあります。

下記のガイドを基準にして、1回の治療で3〜5段階程度の改善が平均的です。


自由が丘クリニックのオフィスホワイトニングが選ばれる理由

オフィスホワイトニング施風景

歯科医師、歯科衛生士による丁寧な施術

口腔外科のスペシャリストである歯科医師が、施術前にお口の中を隅々までチェック。歯の状態やクラック(傷)の有無、口腔内の状態をしっかりと見極め、痛みの少ない適切な治療のための準備を行います。施術は歯科医師監修の元、国家資格を持つ歯科衛生士が担当し、丁寧な施術による高い効果と、安全性に配慮した治療を心がけています。

最新式のビヨンドシステムを導入

施術で使用するホワイトニングライトには「ビヨンドシステム」の最新機器を導入。ハロゲン光とLED光の同時照射で効果的なホワイトニングが実現します。また、照射する光から歯や歯肉に有害な熱や紫外線を省き、より安全性の高い治療が可能となります。

ビヨンドシステム

完全個室の快適な空間

患者様のプライバシー確保のため、完全個室にて施術を行います。


施術の流れ

STEP1

カウンセリング

歯科医師がお悩みやご希望などを丁寧にカウンセリング。その後口腔内のチェックを行い、歯のクラックや口腔内の傷を確認します。

オフィスホワイトニングの診察
STEP2

シェードの確認

歯のシェードガイドを使用して、術前の歯の色を確認します。

シェードの確認
STEP3

開口器、顔面マスクの装着

口を開けた状態のまま固定する開口器を装着します。

開口器、顔面マスクの装着
STEP4

唇、歯肉の保護剤を塗布

唇と歯肉を保護するための処置を行います。

唇、歯肉の保護剤を塗布
STEP5

ホワイトニング剤の塗布

歯の表面にホワイトニングジェルを塗布します。

ホワイトニング剤の塗布
STEP6

光の照射(3回)

7分☓3回に分けて照射を行います。

光の照射
STEP7

ホワイトニング剤の除去

ホワイトニング剤を除去し、開口器を取り外します。

ホワイトニング剤の除去
STEP8

お口の洗浄

うがいで口腔内を洗浄します。

STEP9

シェードの確認

ホワイトニング後の歯の白さを確認します。医師が気をつける点などをご説明します。

シェードの確認

オフィスホワイトニングに関するよくある質問

Qホワイトニングの際、痛みはありますか?

Aホワイトニング後には、人により「刺激感」が出ます。これは過酸化水素による「脱水症状」が原因で、歯には問題がないと考えられています。「刺激感」はエナメル質の厚さによって異なりますが、約24時間以内に解消し、元の状態に戻ります。

Q1度で効果を感じますか?

A個人差はありますが、下記のガイドを基準にして、1回の治療で3〜5段階程度の改善が平均的です。
ホワイトニングの効果

Q繰り返しの治療が必要ですか?

A歯の着色は、日常生活で摂取するものによって起こるため、一度白くしても、時間の経過とともに元に戻ってしまいます。3〜6ヶ月ごとの継続的な治療を行うことで、白さのトーンが上がったり、白さが持続するので、着色が気になり始めたら再度治療を受けられることをおすすめします。

Qホワイトング後に気をつけることはありますか?

A術後24時間以内は、歯の表面を覆っている被膜(ペリクル)が除去されています。この被膜は12〜24時間かけて再生するので、それまでは色の濃い食べ物や飲み物、喫煙などは控えてください。


オフィスホワイトニングの概要やリスク

所要時間初回60分程度
2回目以降は40分程度
推奨回数3〜6ヶ月ごとに1回
※ホワイ卜二ング効果の持続期間は、変色の原因及び生活習慣によって変わってきますが、定期的に受けることによってその白さを保つことができます。
副作用・
ダウンタイム
・ホワイ卜二ング治療は個人によりその効果が異なりますので、すべての方が必ずしも現在の状態から改善されるという保証はありません。変色の原因によっては色調の改善が見込めないこともあります。しかし多くの場合、シェードガイドを基準として、3~5段階明るさが増します。

・ホワイ卜二ングにより、知覚過敏、歯肉の灼熱感、粘膜の潰虜、歯の痛み等が生じることがまれにあります。これらの大部分は一時的なもので、通常数日で治癒します。

・ホワイ卜二ングは健全なエナメル質が対象です。エナメル質が損傷を受けている場合やすでに知覚過敏の傾向がある場合、ホワイト二ングを行うことでさらに症状が悪化することがあります。その場合は中断することがあります。

・ホワイ卜二ングを行うと、歯の表面に点状に白い部分が現れることがあります。これは歯に元々あるものがホワイト二ングにより強調されたものです。数週間から数ヶ月経つとまわりになじんできますが、それでも気になる場合は、歯を削って白いつめものをするなどの処置が必要となります。

・ホワイ卜二ングの術中や術後、「何らかの刺激」を感じることがありますが、歯には全く影響ありませんので安心してください。

・通常、ホワイ卜二ングにより、神経のある歯の色調は明るく変化します。しかし、充填物(つめもの)、補綴物(かぶせもの)の色調は変化せず、神経の無い歯も変化は小さくなります。そのためこれらの色調が異なって見えるようになりますので、あまり目立つ場合はこれらの処置をやり直す必要が出てきます。また、神経の無い歯のホワイト二ングでは、歯の内側(神経の入っていたスペース)へ薬剤を入れ、内側から白くするという方法をとることがあります。
注意事項 ・妊娠する可能性が高い方、あるいは妊娠中、授乳中の方にはホワイ卜二ングは適用ではありません。時期をずらして行うことをおすすめします。

料金

オフィスホワイトニング
初回 50,000円(税別)
2回目以降 20,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※2回目以降は再診料はかかりません。
※保険診療適応外の自費診療になります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。
※当院で使用される薬剤・医療機器には、厚生労働省の承認を受けていないものもございます。論文やデータをもとに慎重な検討をしたうえで、医療機器や薬剤を選択しております。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter