頬骨縮小術

頬骨縮小術は、頬骨を削る、または切離して移動することにより、顔の突出や横幅を調整する手術です。中顔面の大部分を占める頬骨が減ることにより、小顔効果が得られます。

頬骨縮小術について

頬骨は中顔面の大部分を構成している骨で、前方や側方への突出が強いとゴツゴツとした輪郭となり、きつい印象になりがちです。頬骨縮小術によりなめらかな輪郭に変化して優しい印象となり、中顔面の横幅を小さくすることができます。

頬骨は体部(前面)と弓部(側面)で構成されており(図-1)、どの部分が突出しているかによって、下記のいずれかを選択します。

1.頬骨体部削骨術
2.頬骨骨切り内方移動術
 

頬骨体部(前面)は誰でも最も頬の高まりのある部分ですが、この高まりが過剰に突出している場合で、かつ弓部(側面)の突出は気にならない(中顔面の横幅は大きくない)方に適応となります。


1.頬骨体部削骨術

上唇の裏側の粘膜を切開し(上口腔前庭切開)、頬骨体部の骨を削るだけなので、出血や腫れが少なく、比較的負担の少ない手術です(図-2)。


2.頬骨骨切り内方移動術

中顔面が側方に張り出して横幅が広く、こめかみと頬が凹んで見えるのは頰骨弓部の突出が原因です。弓部は字のごとく細い骨が弧を描いた形状のため、突出していても削る余地は殆どありません。したがって弓部の突出を減らして顔の横幅を縮小するには、頰骨を周囲の骨から切り離して内側に移動する必要があります。

通常は弓部だけでなく体部(前面)も突出しているので、頬骨全体を骨切りして動かします。骨切りは前方・後方の2箇所で行います。前方骨切りは上口腔前庭切開で行いますが、後方は別に耳前部もみあげ内の皮膚切開が必要です。傷跡ができるだけ目立たなくなるよう、切開部位に工夫をしています。

前方骨切りをL型に行い、切り離した頰骨を移動するために、予定移動量と同じ幅の骨を前面で切除します(図-3a)。

予定移動量は術前の頰骨突出度合いによって予め決めておきますが、概ね5mm〜7mmの範囲となります。これを両側行うことによって中顔面の横幅は10〜15mm程度縮小されることになります。後方骨切りによって弓部の付け根も5mm程内方移動し、生じた骨の段差を削って平らにします(図-3b)。

移動した骨は強固に固定する必要があるので、前面および後方の骨切り部でチタン製のプレートとスクリューを用いて骨固定します(図-3c)。

チタンは金属の一種ですが、生涯体内に入れっぱなしでも問題なく、MRIなどの検査にも影響はありません。最後に頬骨の移動によって周囲の骨との間に生じた段差を削って整えます。


術後の合併症について

■ 顔面神経麻痺

希にですが、顔面神経の一時的な部分麻痺が起こることがあります。

顔面に広く分布している顔面神経のうち、側頭枝という枝が頬骨弓部の頂上を走行しているため、頬骨骨切り移動術の際に影響を受ける可能性があります。麻痺が起こると額の筋肉(前頭筋)の動きが悪くなるため、眉毛を引き上げることができなくなる症状が出ます。

神経の直接的な損傷ではなく、骨切り操作の際に皮膚を裏側から持ち上げることによる間接的な圧迫が原因と考えられ、通常は術後数ヶ月以内に回復します。

■ 顔の中心部の知覚低下

頬骨前面を骨切りする際、その近くに眼窩下神経という知覚神経が骨から出てくる場所があります。この神経は鼻や上唇周囲の感覚を感じる神経です。

神経が直接損傷を受けることはありませんが、骨切り部の視野を確保するために多少引っ張られ、術後軽い知覚低下が起こることがあります。通常は比較的短期間のうちに回復します。

■ 眼球結膜の内出血

骨切りによる出血が眼球結膜にも広がり、白目が赤くなったり浮腫んだりすることがありますが、異常ではありません。2週間ほどで自然に消失します。

■ 顔や皮膚のたるみ

頬骨の突出が小さくなると、皮膚や皮下脂肪のたるみを生じることがあり、特に頬脂肪体と呼ばれる皮下脂肪が下垂して法令線が深くなることがあります。

また、術後の皮膚は術後の骨の形状にあわせてある程度は自然に適合しますが、40代以降の方ではたるみが残る可能性が考えられます。

気になる場合にはスレッドリフトなどのリフトアップ術をご提案しますので、ご相談ください。


頬骨縮小術に関するよくある質問

Q手術に抵抗があるのですが、注射で頬骨を小さくするのは難しいですか?

A脂肪溶解注射で、頬骨周辺の脂肪を減らすことはできます。また、痩せ型の方の場合は、こめかみやフェイスラインなど頬骨以外の部分にヒアルロン酸や脂肪を注入することで、頬骨の大きさや幅をカモフラージュできる可能性があります。

しかし、根本的にお悩みを解消し、永久的な効果を望むには手術が最適といえます。


頬骨縮小術の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔全身麻酔
施術の所要時間4時間程度
洗顔・メイク・入浴翌日から可能です。
通院回数3回 1回め 診察→2回め 手術→3回め 抜糸
入院の有無1泊
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3か月程度で落ち着きますが、すっかりなじむまでには半年以上かかることもあります。
・感染(化膿):滅多にないことですが、どのような手術でも細菌感染が起こる可能性があります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱い。
注意事項口腔内の切開創は、通常吸収される糸で縫合するため、抜糸の必要はありません。ただし、糸が自然に無くなるまでに1〜2ヶ月ほどかかるため、気になる方には術後2週間前後での抜糸をおすすめします。

料金

施術名 頬骨縮小術
料金 頬骨体部削骨のみ
(口腔内アプローチ)
800,000〜1,100,000円(税別)
骨切り内方移動術
(口腔内+耳前アプローチ)
1,800,000〜2,600,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※手術前の検査(血液検査、心電図、レントゲン)、麻酔代、入院代は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter