レーザー

自由が丘クリニックでは、患者さまのシミのタイプに合わせた治療法をご提案します。

シミ・色素沈着とは

一般に言われる「シミ」とは、色素沈着によって肌の組織が黒色や茶色に変色してしまう状態のことです。色素斑とも呼ばれています。

メラニン色素を含んだ皮膚が生まれると、肌は通常自然の新陳代謝(ターンオーバー)によってその皮膚を押し上げ、新しく生成された皮膚と入れ替わります。小麦色に焼けた肌が時間と共に本来の肌色へと戻っていくのはこのためです。

しかし、何らかの理由で新陳代謝が低下したり、生成されるメラニン色素が過剰であると、ターンオーバーが間に合わずに色素沈着を起こしてしまいます。これが、一般にシミと言われるものの正体です。

また、ひとくちにシミと言っても、さまざまな種類があります。一般的に「シミ」と呼ばれるものの多くは「老人性色素斑」といい、これは紫外線が原因となって出来るシミの代表格です。若い頃に日焼けなどをしていた方は、年齢を重ねると肌の表面へこのシミが浮き出るように現れるので、日常のケアにも特に注意が必要でしょう。

他にも、肝斑や太田母斑、そばかすと呼ばれる色素沈着もシミの一種です。シミはそれぞれの症状により発生する原因や状態が違うので、治療法もそれに合わせる必要があります。お悩みの場合は、自由が丘クリニックのドクターへご相談ください。


色素沈着の種類

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三層構造で成り立っています。表皮に出来るシミは、老人性色素斑と脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)、それに肝班やそばかすなどがあります。

通常、肌は新陳代謝によってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出しようとしますが、表皮にシミが出来る場合には新陳代謝が正常に機能していないことも考えられます。ですからシミを消す事と同時に、生活習慣や日常の紫外線対策を改め、肌そのものの健康を取り戻すことも必要です。

また、真皮に出来る色素沈着は、太田母斑や後天性真皮メラノーシスが代表的です。目の下に出来るクマなども、真皮に起こる色素沈着が原因と言われています。

真皮の色素沈着は表皮のものと比べて厄介だと言われていますが、これは表皮と違い真皮は28日という早い新陳代謝のメカニズムを持っていないため、一度色素沈着を起こすとメラニン色素の排出が中々行われないためです。 一口にシミと言っても様々な種類があり、その症状にあわせて治療方法も異なります。

自由が丘クリニックではそれぞれのシミに対し、豊富なメニューの中から様々な治療方法を提案しながら、患者様の希望に合わせた治療計画を作り上げます。

老人性色素斑

日光色素斑とも呼ばれ、その名前の通り加齢や紫外線が原因で出来るシミです。紫外線を受けることで活性化されるメラノサイトという細胞が、メラニン色素を過剰に生成することで発生します。シミのお悩みでご来院される方の場合、もっとも多い症状がこの症状です。

予防や悪化を防ぐためには、紫外線対策が重要となります。


肝斑(かんぱん)

ほほ骨や口の周囲などに出来る場合が多く、30代~50代の女性に多く見られます。左右対称に広がるような形で現れることが特徴で、原因には女性ホルモンのバランスや紫外線、ストレスや生活習慣の乱れなど、様々なものが指摘されています。

日本人の皮膚は比較的肝班が出来やすいと言われていて、皮膚の色が浅黒いほど出来やすいという報告もあります。


太田母斑(おおたぼはん)

通常のシミとは異なり、赤や青色に褐色が混じった色となります。見た目は打撲などで出来るあざと似ていますが、あざにしては広範囲で境界線がわかりにくいのが特徴です。

典型的な先天性の太田母斑は生後1年以内に発症する場合が多いと言われています。

あまり目立たない軽度のものや、思春期以降に 発症する後天性のものなどを含めると、その数はさらに多くなります。


雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的にはそばかすと呼ばれているシミ。一般のシミと同じように、加齢や紫外線を受ける事に よって増悪しますが、遺伝的な要素も原因の一つとして挙げられています。雀卵斑は優勢遺伝なので、両親のどちらかがそばかすの出来やすい体質であれば、子供もその体質を引き継ぐ可能性が高くなるのです。また成人未満のお子様の場合は、年齢を重ねるごとに目立たなくなるケースもあります。


脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

中年以降の方の顔などに見られる、少し盛り上がった茶色~黒色の組織変化です。

触れると表面にざらつきを感じるものが多く、大きさは数ミリ~数センチ、わずかに盛り上がるものから突出したしこりになるものまで、様々な症状があります。

紫外線による皮膚細胞の異常増殖などが原因と言われているので、予防には紫外線対策が有効です。


炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症性色素沈着とは、ニキビや怪我、火傷などでおこった皮膚の炎症が色素沈着をおこし、そのままシミとして定着してしまう症状のことです。

一般的には時間の経過と共に消えていくものですが、紫外線を浴びたり皮膚の炎症が悪化することで、濃くなった色が消えずに残ってしまう事があります。

色素沈着の悪化を食い止めるためには、紫外線対策をしっかりと行い日焼けを予防することが大切です。


摩擦黒皮症(まさつせいこくひしょう)

皮膚に黒褐色の色素沈着が起きる症状で、特に30歳代の女性に多いと言われています。

アレルギーやナイロンタオルなどで肌に強い摩擦を加え続ける事で起こり、痛みやかゆみが無いため、場所によっては長い間ご自分では気付かない場合も多くあります。

入浴時にナイロンタオルの使用をやめることなどで症状は徐々に回復してきますが、気になる方は専門医にご相談されることをおすすめします。


花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

海水浴などで強い日焼けをした後に出てくるシミです。両肩から上背部、胸元などに多く出来ます。

形は花びらや金平糖に似ていて、淡い褐色から黒褐色の色調で現れます。色素は定着してしまい薄くなることはないので、気になる場合はレーザー治療などによって治療を行うことをおすすめします。

予防には、紫外線対策が有効です。


蒙古斑(もうこはん)

蒙古斑は、母親の体内で胎児の色素細胞が表皮に向かい出ていく途中で、真皮の中に留まってしまいメラニン色素が沈着してしまうことで出来る青アザです。日本人の子供にはほとんどある事が普通で、これは大抵の場合10歳頃までにはほとんど消えてしまいます。

しかし稀に、大人になっても顔や四枝、腹部などに蒙古斑が残る場合があり、特に目立つ場合にはレーザー治療などで色素沈着を薄くする事が出来ます。


料金

施術名 シミ(脂漏性角化症)
料金 炭酸ガスレーザー 5mm以下 2,000〜11,200円(税別)
6mm以上はお問い合わせください。
ルビーレーザー 5mm以下 5,000〜28,000円(税別)
6mm以上はお問い合わせください。
ほくろ
炭酸ガスレーザー 5mm以下 10,000〜70,000円(税別)
イボ(アクロコロドン)
炭酸ガスレーザー 1個 2,500〜42,000円(税別)
初診料 3,000円(税別)

※大きさにより料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。
※当院で使用される薬剤・医療機器には、厚生労働省の承認を受けていないものもございます。論文やデータをもとに慎重な検討をしたうえで、医療機器や薬剤を選択しております。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter