AMI JAPAN 2018 in 虎ノ門

当院の最新情報NEWS 16
2018.07.16
学会・国際活動

 5月27日に『AMI Japan 2018』が、シドニーと虎ノ門の会場を生中継で結び、300名のドクターを集めて行われました。 昨年の『AMI Japan 2017』に続き、当院の古山登隆ドクターが座長を務め、佐藤英明ドクターはシンガポールより生中継で出演をいたしました。


日本人の美しさを追求する一大シンポジウム

 

 これまでの『AMI Japan』は、主に安全・安心なヒアルロン酸ボトックスによる注入を行うために初心者向けの基本的な内容が多く行われてきましたが、今回は上級者に向けたアドバンスの内容となりました。注入テクニックをレクチャーするのは、オーストラリアを代表するインジェクター、Dr.スティーブン・リュウです。そして解説を佐藤英明ドクターが務めました。

 
 

 古山登隆ドクターは基調講演と、座長としてシドニーとのコミュニケーションと進行を行いました。古山ドクターとドクター・スティーブン・リュウとは予てから親交があり、今回はスクリーン通じて久しぶりの再会を果たしました。

 
古山登隆ドクターによる注入技法の講演
 

 これまで日本の美容医療は、全般的に欧米からにフィードバックを受けて普及してきました。しかし近年、骨格も肌の色も違う欧米人と同じ治療手技では、日本人本来の美しさを引き出せないのではないかという考え方が徐々に広まってきています。『AMI Japan』ではその点にも着目し、”日本人の美しさ”をテーマの一つに掲げています。オーストラリア在中の日系モデルによるアセスメントと注入手技の実演が行われたのもその一例となります。

 
注入アセスメント
 

美しさの普遍的比率「ゴールデン・レシオ」

 

 出来てしまったしわやたるみそのものだけでなく、その原因となる周囲の組織も含めて、顔全体にアプローチするトータルフェイシャルトリートメント治療が世界のトレンドになっています。この治療法では目や鼻、唇の大きさや位置、自然な輪郭など様々な要素も重要になってきます。
 紀元前から哲学者や数学者、建築家などによって美しいバランスのとれたプロポーションは研究され、数値化もされてきました。1:1・618の黄金比率(ゴールデン・レシオ)であるフィボナッチ数列を多用した作品を多く残しているレオナルド・ダ・ヴィンチが有名な一例として挙げられます。
 今回、古山ドクターは普遍的美しさという点を掘り下げ、基調講演で発表しました。多くの偉人たちが探求してきた”美しさ”は、今の美容医療にも大きな影響を与えています。 これからも進化を続けるであろう美容医療において、現代の美の探求者もさらなる美しさを追い求めていくことと思います。

 
美しさの講演
 
医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter