鼻尖形成術(団子鼻)・鼻柱形成術

鼻尖形成術はこのような方におすすめ

  • 鼻先が丸くて大きい(いわゆる団子鼻)
  • 小さく、スッキリした鼻先にしたい
  • 高さや尖りを出したい
  • 鼻の穴を縦長にしたい

鼻尖形成術とは

鼻尖とは、鼻先のことを指します。 日本人の鼻尖部は低くて丸い(いわゆる団子鼻)ことが多く、鼻尖形成術は鼻を細くシャープな印象に変えるとともに、先端の形や高さ、向きを調整する目的で行われます。

具体的には、鼻尖(鼻先)の大きさや高さのもととなっている軟骨(鼻翼軟骨)の大きさや形を調整し、必要に応じて鼻尖へ軟骨を移植します。鼻尖形成術では、L型のシリコンプロテーゼを用いて鼻筋から鼻先までを一体的に持ち上げるのとは違い、皮膚への負担が少なく、自然な外観と軟らかさが損なわれないのも大きな特長です。

鼻筋が元々十分に高い方に対しては、鼻尖形成術を単独で行うこともありますが、多くの場合では、いわゆる隆鼻術と同時に行うことによって、鼻全体のバランスを整えます。さらに、小鼻縮小術と組み合わせると、鼻の下半分をバランスよく小さく、目立たなくすることができます。なお、鼻尖をより下方に向け、アップノーズを解消したい場合には、鼻中隔延長術をおすすめします。


自由が丘クリニックの鼻尖形成の特徴

  • 長年の経験と試行錯誤を経て、独自の鼻翼軟骨形成法、軟骨移植法を行なっています。
  • 自然な外観を尊重し、鼻尖が細すぎる、尖すぎるなど過剰な変化をもたらすことなく、しっかりと効果を出すことに注力しています。

鼻尖形成術の流れ

1. 皮膚を切開する

両側の鼻孔(鼻の穴)の内側を切開します。 この切開によるアプローチは「クローズド法」といい、常に鼻尖の形を外から確認しながら手術を進められ、切開の傷が外から見えないというメリットがあります。



2.余分な脂肪や組織を取り除く

必要に応じて、皮膚と軟骨の間にある余分な脂肪を取り除きます。さらに、左右の鼻翼軟骨の間にある組織もできるだけ除去します。すると鼻翼軟骨全体が見えてくるため、その大きさと形を確認します。



3.鼻翼軟骨を切除する

鼻尖の丸みは、脂肪を取るだけではすっきり細くなりません。鼻尖縮小のために減量できる組織は、皮下にある軟部組織の一部と鼻翼軟骨のみですが、鼻尖が大きくても、余分な脂肪がほとんどないこともあります。 そこで鼻尖の丸みを形作っている鼻翼軟骨の外側脚の一部を切除して、シルエットを整えます。鼻翼軟骨の減少(トリミング)はA、B、またはA+Bの方法で行います。

A.鼻翼軟骨の幅を減少する

中北ドクターオリジナル切除法で、この方法は鼻尖が上に向くのを防ぐことができる。


B.鼻翼軟骨上部を減少する

鼻翼軟骨の上の部分が大きい場合や垂れ鼻を少し上むきにしたい場合は頭側切除(cephalic trim)を行う。


A+B.鼻翼軟骨の幅及び上部を減少する

鼻翼軟骨の奥行きが広く、Aの方法だけでは鼻尖上部の膨らみが取れない場合は、A、Bを合わせた方法で行う。



4.鼻翼軟骨間を縫合する

小さくなった左右の鼻翼軟骨同士を、中央で縫合します。これによって鼻尖がある程度引き締まり、それにともない鼻尖がやや尖り、さらに鼻孔の形が縦長に変化します。

鼻翼軟骨の幅を減少した後、左右の鼻翼軟骨同士を中央で縫合する。


縮小した左右の鼻翼軟骨を正中で軟骨間縫合すると鼻尖が引き締まって小さくなる。




5.必要に応じて、鼻尖に耳介軟骨を移植する

これまでの操作によって、鼻尖の形態はある程度改善しますが、きれいな「尖り」を表現するには不十分なことが多く、その場合は「軟骨移植」を加えます。


◎鼻尖軟骨移植

当院で行なっている基本的な鼻尖軟骨移植は、耳の軟骨をほぼ円形に細工し、1枚〜2,3枚を重ねて移植する方法です。




移植軟骨の輪郭が外表から判らなくする目的で、軟骨の辺縁に細かい切り込みを入れてなじませるようにしています。L型のシリコンプロテーゼを抜いた後やすでに鼻尖の皮膚が非常に薄くなっている場合には、この上に筋膜や脂肪を被せて移植することもあります。

1枚

鼻尖と尖りのポイントを綺麗に表現するには、通常1枚移植で十分。


2〜3枚重ね

更に鼻尖の高さと尖りを出したい場合には2,3枚重ねて移植する。


鼻柱前面移植(盾型移植)

鼻尖〜鼻柱上部に膨らみを出したい場合に行うことがある。



鼻柱形成術はこのような方におすすめ

  • 鼻柱が後退している
  • 鼻柱のボリュームが足りない

鼻柱形成術について

鼻柱とは、左右の鼻孔の間にある柱状の部分のことを言います。鼻柱が後退、あるいは膨らみが不足していると、鼻が短く低く見えるため、手術の対象となります。

鼻柱は、鼻尖や鼻背(鼻筋)に比べると目立ちづらい部分ではありますが、美しいバランスの鼻を構成するのに欠かせない要素です。

鼻翼・鼻柱三角
両側の鼻翼基部を結ぶ線と鼻柱基部を結ぶ線と鼻柱基部の正中を結ぶ線で作られる三角で、これが上向きの場合(鼻柱後退)鼻翼が下方に広がったような印象となる。

鼻柱の皮膚の下には、鼻翼軟骨の内側脚という部分があり鼻尖を下から支えていますが、内側脚が小さいと鼻柱後退の原因となります。そこで、軟骨移植を行うことで鼻柱に適度な膨らみが得られ、鼻翼とのバランスも良くなります。

具体的には、おもに2種類の方法を行っています。


◎脚間移植

耳介軟骨または鼻中隔軟骨を採取し、半月型に細工して内側脚の間に挟みます。(耳介軟骨を用いる場合は彎曲を矯正するため2枚重ねにします)
※鼻柱を膨らませる目的ではなく、鼻尖をしっかり立たせるために支柱として移植することもあり(コルメラストラットと言う)、その場合には薄くても強度があり、板のように平坦な鼻中隔軟骨が、材料として適しています。

◎基部脚への移植

鼻柱の付け根部分が落ちくぼんだように後退している場合には、骨の土台の上に小さな板状の軟骨を重ねて移植します。脚間移植と基部への移植は、皮膚切開を鼻孔内で行うため、傷が外から見えることはありません。

鼻柱形成術を単独で行うこともできますが、バランスを考慮し、通常は鼻尖形成術と併用することをおすすめしています。


術後の固定や、治療効果の判断時期について

◎固定について

術後には、血腫を防ぐためのチューブを鼻孔に挿入し、手術の3日後に自分で取り外せるもの(レティナ)に交換します。

また、ギプス(シーネ)やテープでの固定、軟骨を採取した場合にはガーゼや包帯での固定を行い、これらは手術の5〜7日後に外します。プロテーゼや移植した組織が安定するまでに1ヶ月程度かかるため、それまでは夜間や就寝時に固定を行っていただきます。

◎治療効果の判断時期について

術後のむくみが完全に取れるには1〜3ヶ月程度かかります。したがって、手術の効果が十分に現れているかを判断できるのは、それ以降の時期となります。

◎変化の度合いについて

皮膚が厚く硬い方では、手術の効果が出にくい(鼻先が思ったほど細くならない)場合があることを、ご了承ください。

また、鼻翼や鼻孔の形、大きさは元々非対称であることが多く、鼻尖形成術を行うと鼻孔の形態が変化して、元々の左右差がやや強調される場合があることをご理解ください。


症例写真

◎30代女性





【施術名】鼻尖形成術+鼻翼縮小
【料金】鼻尖形成 450,000円〜、鼻翼縮小 250,000円〜(各税別)
【概要やリスク】こちらをご覧ください



◎20代女性

マイルドな変化を希望された症例。鼻尖を少しだけ細く高くして、少しだけ下向きに尖らせた。




【施術名】鼻尖形成術+鼻翼縮小
【料金】鼻尖形成 450,000円〜、鼻翼縮小 250,000円〜(各税別)
【概要やリスク】こちらをご覧ください



◎20代女性



【施術名】鼻柱形成術
【料金】450,000円〜(税別)
【概要やリスク】こちらをご覧ください


鼻尖形成術(団子鼻)・鼻柱形成術の概要やリスク

麻酔全身麻酔
所要時間3時間程度
洗顔・入浴・メイク洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 抜糸後から可能
通院回数診察 ▷ 手術 ▷ 手術の3日〜5日にガーゼや包帯などの固定を外す ▷ 1週間後に抜糸、ギプスなどの固定を外す
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
入院1泊
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3か月程度で落ち着きますが、すっかりなじむまでには6ヶ月以上かかることもあります。
・軟骨の採取部に多少傷あとが残りますが、目立つことはほとんどありません。また、機能的な障害は残りません。
・鼻翼や鼻孔の形、大きさは元々左右非対称であることが多く、鼻尖形成術を行うと鼻孔の形態が変化して、左右差がやや強調される場合もあることをご理解ください。鼻孔や鼻翼の左右差は、再施術を行っても修正は困難です。
・感染(化膿):滅多にないことですが、どのような手術でも細菌感染が起こる可能性があります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・変形:まれですが、移植組織の部分的な吸収やずれなどによって、凹みや曲がりなどの変形が起こることがあります。必要に応じて修正を行いますが、改めて軟骨や筋膜の採取が必要になることもあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 ・皮膚が厚く硬い方では、手術の効果が出にくい(鼻先が思ったほど細くならない)場合があることをご了承ください。
・鼻の組織の安定には3週間程度かかるため、念のため1ヶ月程度はサウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為、顔のマッサージ、歯の治療、眼鏡の長時間使用、うつぶせ寝をお控えください。

料金

施術名 鼻尖形成術(団子鼻)・鼻柱形成術
料金 鼻尖形成(団子鼻) 400,000〜950,000円(税別)
鼻柱形成 450,000〜750,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なります。カウンセリングの際にご説明いたします。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※手術前の検査(血液検査、心電図、レントゲン)、麻酔代、、術前後管理代、入院代は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
2020年4月のみ/10:00~18:00(最終受付17:30)
通常/10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter