中北総院長が医学雑誌にて『全切開法による重瞼術(二重切開)』を解説しました

当院の最新情報
2021.05.26
メディア情報

形成外科医向けの医学雑誌『PEPARS』171号〜眼瞼の手術アトラス―手術の流れが見える〜にて、中北信昭総院長が『切開式重瞼術: 翻転眼窩隔膜を固定源に用いた全切開法による重瞼術』を12ページにわたって解説いたしました。

二重切開手術は、いわゆる「ぱっちりした目」を希望する若い方に人気の手術ですが、加齢などで皮膚が目に覆いかぶさり、目が小さく見える、目つきが悪く見えるなど、見た目の印象が変わったという方のご相談も多くあります。

二重切開手術は、二重まぶた埋没法に比べ、後戻りのない術式で、まぶたの余分な皮膚を取り除く、まぶたの開き具合を調整する、といったメリットが数多くあります。

しかし、細心の注意をはらわないと、左右差が出たり、不自然な二重になったりというケースも起こり得るため、患者様の満足度の高い二重切開手術を行うための細やかな手技を解説しております。

医師向けの内容ではありますが、ご興味のある方はぜひご覧ください。

ニュース一覧
医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
電話受付 : 9:30~19:00
診療時間 : 10:00~18:00/年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter