真皮線維芽細胞療法

あらゆる加齢のサインに進化し続ける再生医療の力を。
『真皮線維芽(しんぴせんいが)細胞療法』は、ご自身の耳の裏から採取した肌細胞(真皮線維芽細胞)を、厚生労働省許認可の専門施設で培養。4,000万〜8,000万個にも増殖した肌細胞を気になる部位に移植する治療法です。力強く、若々しい細胞を増やすことで、シワやたるみといった老化症状の根本的な改善が期待できます。
また、肌細胞は半永久的に保管が可能なため、長期的に継続することで、肌の老化を遅くすることが可能と考えられます。

真皮線維芽細胞療法はこのような方におすすめ

  • 肌老化を遅らせたい
  • 若返り治療で異物を入れることに抵抗がある
  • ほうれい線、小じわが気になる
  • 目元、こめかみがくぼんできたと感じる
  • 目の下のクマをなくしたい
  • ニキビ跡や外傷後瘢痕を改善したい

真皮線維芽細胞療法とは

『真皮線維芽細胞療法』とは、耳の裏から採取した肌細胞(真皮線維芽細胞)を、自身の血液を使用した培地で培養し、増やした元気な肌細胞そのものを気になる部位に移植(注射器で注入)する肌の再生医療です。

シワやたるみといった老化症状は、肌細胞の減少が原因で起こるため、失った肌細胞を増やしてあげることで根本的な改善が期待できます。肌細胞の移植によって肌組織が修復・活性化されるため、これから起こりうる肌老化の進行も遅らせることもできます。


真皮線維芽細胞療法による老化改善のしくみ

施術前
◎ 老化した肌の状態


肌細胞(真皮線維芽細胞)は、私たちの肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン線・ヒアルロン酸・エラスチンを作り出す源となる細胞です。その肌細胞が減少し機能が低下すると真皮がもろく、薄い状態に。肌のシワ・たるみなど老化症状の原因となります。

施術
◎ 真皮線維芽細胞を移植


皮膚を採取し培養させた4,000万〜8,000万個ものご自身の元気な肌細胞を移植。肌細胞自体を増やすことで、肌組織が修復されていきます。

施術後3ヶ月〜
◎ 老化現象が改善


移植された肌細胞によって作り出される新たなコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが蓄積。肌組織が改善され、肌機能そのものが若返ることで、しわやたるみなどの症状を改善し、肌にハリを取り戻します。なお、改善効果を実感いただくまで、個人差がありますが、およそ3ヶ月〜12ヶ月ほどかかります。


自由が丘クリニックの真皮線維芽細胞療法の特徴

◎細胞の生着率を高める施術付き

当院では、移植後の細胞の生着率を高めるため、皮膚採取日に肌をより良い状態に整えるための施術(ダーマペンピコレーザーなど)を行います。ドクターが、お一人おひとりの肌状態を見極め、最適な施術内容をご提案いたします。



◎再生医療等委員会による承認

自由が丘クリニックは、再生医療普及協会 特定認定再生医療等委員会より、真皮線維芽細胞療法の承認を得た医療機関です。

第二種再生医療提供計画番号:PB3190082


◎未来のお子様へ『親から子へプラン』をご用意

現在18歳~29歳までのお子様が、将来「真皮線維芽細胞療法」を受けたいと思った時のために、今現在のお子様の肌細胞を採取し、保管しておくプレゼントプランです。


施術の流れ、期間

STEP1

医師による診察・カウンセリング

お悩みやご希望など、なんでもお気軽にご相談ください。

STEP2

血液検査

治療を開始する場合、血液検査を行います。診察・カウンセリング後に血液検査のための採血をします。
※別日を希望の場合はお申し出ください。


<約1週間後>

STEP2

皮膚採取・採血/細胞培養

耳の裏側から皮膚を採取します。大きさは米粒大で、傷あともほとんどわかりません。採取当日に培地用となる血液も採血します。採取した皮膚と血液は、厚生労働省から許認可された施設に受け渡し、専門の技術者によって肌細胞を抽出し増殖させます。

STEP2

お肌を整える施術

移植後の細胞の生着率を高めるため、皮膚採取と同日にダーマペンやピコレーザーなどの治療を行います。


<約5週間後 ※培養期間>

STEP3

肌細胞移植(1回目)

肌細胞を増殖させる培養期間が必要なため、1回目の移植は最短で5週間後になります。お顔の気になる部位に注射器で肌細胞を注入します。
※1回目の肌細胞移植は皮膚採取日から3ヶ月以内にお受けいただきます。


<約2週間後>

STEP4

肌細胞移植(2回目)

細胞の定着率が高くなるため、短期間での2回目の移植を推奨しております。


<以後>

STEP5

定期ケア(肌細胞移植3回目以降)

肌細胞を凍結保存し、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月後・1年~2年毎などメンテナンス治療時に使用します。半永久的に保管できるため、数年、数十年経っても、皮膚採取当時の若い肌細胞を移植することができます。


真皮線維芽細胞療法の概要やリスク

麻酔麻酔シールまたは麻酔クリーム
洗顔・メイク・入浴翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
副作用・
ダウンタイム
・針を使用して注入するため、治療部位に腫れや赤み、内出血が出ることがありますが、通常1〜2週間程度で消失します。
・稀ですが、注入によってしこりが生じることがあります。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、糖尿病などで細菌に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項抗凝固薬や抗アレルギー薬を使用している方は、ドクターへご相談ください。

料金

施術名 真皮線維芽細胞療法
料金 スタンダード

・皮膚採取・採血(1回目のみ)
・肌細胞4,000万個移植
・お肌を整える施術
(ダーマペン、ピコレーザーなど)
1回目 1,400,000円(税別)
2回目以降 800,000円(税別)
移植から
3ヶ月以内
2回目 600,000円(税別)
3回目 500,000円(税別)
でお受けいただけます
プレミアム

・皮膚採取・採血(1回目のみ)
・肌細胞8,000万個移植
・お肌を整える施術
(ダーマペン、ピコレーザーなど)
1回目 2,200,000円(税別)
2回目以降 1,600,000円(税別)
移植から
3ヶ月以内
2回目 1,200,000円(税別)
3回目 1,000,000円(税別)
でお受けいただけます
親から子ヘプラン

※現在18歳~29歳までのお子様が将来「真皮線維芽細胞療法」を受けたいと思った時のためにお子様の肌細胞を採取し、保管しておくプレゼントプランです。
600,000円(税別)
血液検査料 20,000円(税別)
初診料 3,000円(税別)

※細胞保管費用が別途必要になります。
※古山理事長、佐藤院長をご指名の場合は、指名料が別途必要になります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。
※当院で使用される薬剤・医療機器には、厚生労働省の承認を受けていないものもございます。論文やデータをもとに慎重な検討をしたうえで、医療機器や薬剤を選択しております。


関連リンク

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter