シリコンバッグ

美しいバストをつくる、豊胸術について

バストは、体の中でも女性らしさの象徴といえるパーツです。だからこそ、コンプレックスやお悩みを抱えてクリニックへご相談に来る患者様も沢山いらっしゃいます。

一般的に豊胸手術というと、比較的若い患者様が受けられる手術と思われがちですが、一概にそうとばかりもいえません。バストに限らず、年齢と共に体の脂肪量は減少していきます。その結果バストの形が崩れたり、ボリュームが無くなりサイズがダウンしてしまうのです。

そういった場合にも豊胸手術は適用となるので、一般的に思われているよりも手術を受けられる方は比較的広い年代に広がります。

挿入するバッグの種類

豊胸手術に使用するバックはその中身の物質の違いから、大きくシリコンバッグと生理食塩水バッグに分けられます(どちらも外面はシリコン製の袋)。

当院では基本的に生理食塩水バッグを使用することはありません。これは生理食塩水バッグがシリコンバッグに比べ、触った時の感触が明らかに固すぎるというデメリットがあるためです。

シリコンバッグもかつては問題点がクローズアップされ、世界的に使用禁止になったことがありました。それは、もしもバッグが破れた時に内部のシリコンが流れ出し、炎症などを起こす恐れがあるというものでした。しかしその後の改良によりこの問題は解決され、現在は安全で質感にも優れたシリコンバッグを使用できるようになりました。

豊胸手術に使用するシリコンバッグには、サイズの他に表面の違い、形の違いでいくつかのタイプに分けられます。

◎表面

スムースタイプ

面が滑らか(ツルツル)しているタイプのバッグです。
メリット:比較的小さな皮膚切開で挿入できる(大きめのバッグをワキから挿入する際に有利)
デメリット:被膜拘縮(ひまくこうしゅく)を起こしやすいので、術後しばらくは入念なマッサージが必要

テクスチャータイプ

表面に凹凸(ザラザラ)のあるタイプのバッグです。
メリット:被膜拘縮が起こり難いので、マッサージが不要(あるいは簡便なもので良い)
デメリット:スムースタイプに比べると、滑りが悪いので、小さな皮膚切開で挿入することが困難

スムースタイプ

テクスチャータイプ

◎形

ラウンドタイプ(円形)

おわんのような丸型のバッグです。 横に寝ても自然に横へ流れるため、日本人女性の多くは、このタイプが一番自然な形となります。

アナトミカルタイプ(涙形)

バストの下部にボリュームのあるバックです。 欧米人はこちらを好む傾向にありますが、日本人は上半分のボリュームが少ない場合が多いので、多少垂れたバストに見えてしまう場合もあります。元々のボリュームが比較的多い方には有効です。

ラウンドタイプ(円形)

アナトミカルタイプ(涙形)

挿入する場所

豊胸手術でシリコンバックを挿入する箇所は、大きく2つに分けられます。

◎乳腺下法

乳腺の下に豊胸バッグを挿入する方法です。 元々の胸にボリューム(乳腺や皮下脂肪)がある程度ある方に適しています。

◎大胸筋下法

大胸筋の下に豊胸バッグを挿入する方法です。 胸のボリュームが非常に少ない方に適しています。

※どちらの挿入法を選択するかは患者様の体形や選択するバッグの種類によっても違うため、できる限り理想に近づけるために、カウンセリングによってアドバイスさせていただきます。


シリコンジェルの種類

当院の豊胸手術で使用するシリコンバッグには、『コヒーシブ』と呼ばれる安全性と見た目の自然さを追求したシリコン素材を使用しています。

◎コヒーシブ シリコンバッグ

「コヒーシブ」には「粘着性」や「凝縮性」などの意味があり、見た目は液体のようですが実際には個体です。そのため万が一バッグが破れても、液体のシリコンのように漏れだす危険が無いため、安全性が高いといわれています。

個体なので液体シリコンに比べ若干固くなりますが、自然の胸とほとんど変わらない触り心地です。安全性と自然さのバランスから、当院での豊胸手術は「コヒーシブ」タイプのシリコンバッグだけを使用しております。


手術のアプローチ(皮膚切開の位置)

1.腋窩法
ワキのシワに沿って数cmの切開を入れ、そこから胸のスペースをつくり豊胸バッグを挿入します。 乳房の下にどうしても傷を残したくない方に行われます。

2.乳房下法
乳房の下の溝に沿って皮膚を切開し、豊胸バッグを挿入します。 腋窩法に比べて、出血を確実に止められるなど、安全性の高い方法で、通常はこちらをおすすめしています。

麻酔について:

全身麻酔が基本ですが、当院では麻酔専門医により、術後の回復が早く日帰りも可能な麻酔を行っております。
豊胸術は手術をしてそれで終わりというわけではありませんので、術後の医師の診察やマッサージに加え、定期検診をしてくれる医院を選びましょう。 一生ものの手術なので、将来のことまで考えてくれる医師や病院選びが重要です。

料金

料金1,100,000~1,540,000円(税別)
初診料5,000円(税別)

※バッグの大きさによって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術前の検査(血液検査、心電図、レントゲン)、麻酔代、入院代は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter