シリコンバッグ豊胸

シリコンバッグ豊胸は、乳腺などの下にシリコン製のバッグを挿入し、バストを大きくする治療です。注入の豊胸よりもサイズアップしたい方に適しています。当院では、質感や大きさなど、豊富な種類のバッグを揃えています。

シリコンバッグ豊胸はこのような方におすすめ

  • バストアップ効果をはっきり感じたい
  • バストの大きさを長く維持したい
  • 注入の豊胸術では物足りない

シリコンバッグ豊胸のメリット


使用するバッグの種類

当院では、「コヒーシブ」と呼ばれる安全性と見た目の自然さを追求したシリコン素材でできたバッグを使用しています。

「コヒーシブ」には、「粘着性」や「凝縮性」などの意味があり、見た目は液体のようですが実際には固体です。そのため万が一バッグが破れても、液体のシリコンのように漏れだす危険が無いため、安全性が高いといわれています。 

また、液体シリコンに比べると若干硬めではありますが、生まれながらのバストとほとんど変わらない触り心地です。

さらに、バッグは表面の質感や形によって種類が分かれます。


◎ 表面の質感

 
タイプ
スムースタイプ
テクスチャータイプ
質感
なめらか
ざらざら
メリット 比較的小さな皮膚切開で挿入できる 被膜拘縮が起こりづらいため、広く用いられている
デメリット 被膜拘縮を起こしやすいため、術後しばらくは入念なマッサージが必要 ある程度大きな皮膚切開が必要
 
被膜拘縮とは

挿入したバッグの周囲には必ず被膜ができます。これは異物から体を守るための正常な反応であり、通常は問題ありませんが、人によっては被膜が縮んで乳房が硬くなり、変形が起こることがあります。

◎ 形

 
タイプ
ラウンドタイプ
アナトミカルタイプ
円型
涙型
メリット 元々のボリュームがなくても、しっかりサイズアップできる 元々のボリュームがあり、さらに大きくしたい場合に適している
デメリット 痩せ型の人では、バッグ上縁の輪郭が目立ってしまうことがある おもにバストの下部にボリュームが出るため、垂れたバストに見えてしまうことがある

バッグを挿入する場所

◎ 乳腺下法

乳腺の下にバッグを挿入する方法です。 元々のボリューム(乳腺や皮下脂肪)がある方に適しています。


◎ 大胸筋筋膜下法

大胸筋の前方にある筋膜の下にバッグを挿入します。特にバストが下垂気味の方に用いることが多い方法です。


◎ 大胸筋下法

大胸筋の下にバッグを挿入する方法で、乳腺組織の少ない方や元々のボリュームのない方が、大幅なサイズアップをする場合に適しています。

大胸筋下法は、乳腺下法に比べて痛みや腫れが強いことがあります。

どちらの挿入法を選択するかは患者さまの体形や選択するバッグの種類によっても違うため、できる限り理想に近づけるために、カウンセリングによってアドバイスさせていただきます。


皮膚切開の位置

皮膚切開の傷は残るため、バッグの大きさやタイプなどもふまえて、ご相談のうえ慎重に位置を決定します。

◎ 腋窩法

脇の下のしわに沿って切開を入れ、そこからスペースを作ってバッグを挿入します。乳房の下にどうしても傷を残したくない方におすすめです。

◎ 乳房下法

乳房の下の溝に沿って皮膚を切開し、バッグを挿入します。

腋窩法に比べて出血を止めやすい安全性の高い方法のため、通常はこちらをおすすめしています。

◎ 乳輪周囲切開法

乳輪の下縁を切開してバッグを挿入する方法です。かつて広く用いられていた方法ですが、傷あとが目立ちやすいため、現在ではご希望でなければ積極的におすすめしません。


術後について

◎ 固定について

術後は、ドレーンという管を切開部から挿入し、弾性包帯による圧迫も行います。ドレーンや包帯は、手術の1〜3日後にご来院いただき外します。

◎ 痛みや腫れについて

術後の痛みは、通常1週間前後は続きます。特に胸筋下にバッグを挿入した場合には乳腺下よりも強い痛みを伴い、また痛みの消失には2週間以上を要することもあります。

腫れ(筋肉のむくみ)は、特に胸筋下において強く起こります。腫れている間は乳房が「大きすぎる」と感じますが、次第に落ち着いていきますので焦らずに時期をお待ちください。ただし、腫れが完全に消失するのには3ヶ月程度かかることもあります。

◎ 傷あとについて

傷は術後しばらくは赤く、硬くなります。通常は術後3ヶ月程度で落ち着いていき、半年から1年程度経つと非常に目立たなくなりますが、完全に傷あとが消えてしまうわけではありません。

傷あとがどの程度きれいになるかは、個人差が大きいことをご了承ください。




他のバスト術との併用も可能

◎ 乳房吊り上げ術

加齢や授乳、急激なダイエットなどによる乳房の下垂がある場合には、バッグ挿入と同時に乳房吊り上げ術を行うこともできます。

吊り上げ術では、乳輪のまわりを切開し、たるんだ皮膚と乳腺を切除して、ハリのある若々しいバストへと整えます。傷あとが残るため、こちらもふまえてドクターとご相談ください。

◎ 脂肪注入

乳房上方のボリュームがない方は、脂肪注入を併用してバストの形を美しく整えることも可能です。

脂肪注入は、自分の脂肪を遠心分離して用いるため、安全性が高いのが魅力です。


シリコンバッグ豊胸に関するよくある質問

Q場合によっては硬い感触になると聞きましたが?

A一概には言えませんが、バッグとの相性や体質などによっては硬くなることがあります。なお、完成時の感触を前もって判断することはできません。

Q時間が経ってもバッグが定着しないことはありますか?

Aまれに、バッグが体質に合わない方がいます。経過を見て、定着しないようであれば摘出(抜去)し、代替法として脂肪注入もしくはヒアルロン酸注入をおすすめします。

脂肪注入のみでの豊胸は、脂肪を多く十分に採取できる方であれば可能です。

Q他院で受けた手術の、バッグ摘出や入れ替えにも対応していますか?

A対応しています。破損や合併症が見られる場合でも対応できるケースがありますので、ご相談ください。

Q手術後の授乳は可能ですか?また、授乳によってバストの形や大きさが変化することはありませんか?

A授乳は問題ありません。乳房は授乳によって下垂したり萎んだりするもので、場合によってはバッグの輪郭や皮膚の収縮によるしわが目立つようになることがあります。

Q手術後に、乳がん検診を受けることはできますか?

Aエコー検査は問題ありませんが、念のため担当医にバッグが入っていることを伝えてください。

乳房を圧迫するマンモグラフィー検査は、バッグが破裂する可能性があるためおすすめできません。くわしく乳房の状態を見たい場合には、MRI検査が良いでしょう。

Q大きさの左右差をバッグで調整できますか?

A左右差の程度によっては可能です。ただし、バッグを挿入して乳房が大きくなることによって、左右差が強調されることもあり、その度合いを術前に判断することはできません。

Qバッグに破損等のリスクや寿命はありますか?

A乳がん検診のところで触れたように、圧迫などで過度な負担をかけるとバッグが破裂するおそれがあります。

また、10〜20年経つなかで、バッグの劣化や破損を生じる可能性があります。当院では1年ごとの定期検診を行っていますが、ご心配な方は、1年に一度超音波検査を、さらに2〜3年に一度MRI検査を受けると良いでしょう。


シリコンバッグ豊胸の概要やリスク(副作用やダウンタイム)など

麻酔 全身麻酔
所要時間 2時間程度
入浴 シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください
入浴:抜糸後から可能
通院回数 診察 ▷ 手術 ▷ 手術の1〜3日後にドレーンや包帯を外す ▷ 手術の1週間後に抜糸 ▷ 手術の1ヶ月後に患部のチェック ▷ 手術の3ヶ月後に患部のチェック
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
入院の有無 あり
副作用・
ダウンタイム
・乳頭の知覚障害:術後に乳頭の知覚過敏または知覚低下が起こることがあります。通常は2〜3ヶ月で回復しますが、人によっては長引くこともあります。
・リップリング(しわ):バッグの一部が折れ曲がり、しわが寄ることがあります。特に痩せている方で目立ちやすい傾向があります。通常バッグの入れ替えが必要となります。
・バッグの輪郭を触れる:皮下脂肪が少なく痩せている方では、バッグの輪郭の一部が体表から触れることがあります。その場合、脂肪注入などの追加手術を検討しますが、効果が得られないこともあります。
・感染:どんな手術でも細菌感染(化膿)が起こる可能性がないとは言えません。万が一感染が起こった場合には、バッグを直ちに摘出する必要があります。その際には、原則として乳房下切開を行います。
・血腫:術後出血は通常自然に止まりますが、まれに多量の血液が中に溜まってしまうことがあります。その場合一度バッグを取り出して血腫を洗い出すなどの処置(再手術)が必要になることもあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 ・術後2〜3ヶ月は、ワイヤーなしのブラジャーをご使用ください。
・術後は、うつぶせ寝などのバストに大きな圧力をかけるようなことはお控えください。
・抜糸まで、サウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。
・バッグは健康診断などにおける胸部レントゲンに写ります。

料金

施術 シリコンバッグ豊胸
料金 1,110,000〜1,540,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※バッグの大きさや手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※手術前の検査(血液検査、心電図、レントゲン)、麻酔代、入院代は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter