乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)

乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)は、余分な皮膚・脂肪・乳腺などを切除してバストを小さくし、乳房吊り上げ術(乳房固定術)は下垂したバストの形を整える治療です。術式の選択によっては、術後の授乳も可能です。

乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)はこのような方におすすめ

  • バストが自分の理想より大きい
  • バストが下垂している
  • バストの形を整えたい
  • 垂れた部分の擦れや、湿疹などの皮膚トラブルが気になる
  • 大きなバストが原因の、肩こりや猫背が気になる

乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)のメリット

  • 乳輪や乳頭の形成も同時にできる
  • 美しいバストを長期的に維持できる
  • 1年に一度、定期検診があるから安心

手術についてくわしく

通常……乳房縮小術Mckissock法(術後の授乳:できない可能性もある)
肥大・下垂ともに軽度の場合……乳房縮小術Goes法(術後の授乳:可能)
下垂が顕著な場合……乳房吊り上げ術(術後の授乳:可能)

手術はおもに仰向けの姿勢で行いますが、デザインや仮縫合した後の確認は上半身を起こした状態で行い、全体のバランスを見ながらシルエットを調整します。


◎ 乳房縮小術Mckissock法

Mckissock法では、乳房下部の皮膚・脂肪・乳腺の一部を切除して乳房を小さくし、同時に乳輪・乳頭の位置を上方に移動します。 血流を妨げない範囲で極力薄い弁を作ることで、組織の壊死を防ぎ、乳頭や乳輪を長距離でも移動しやすいよう工夫しています。

なお、手術では乳腺組織の一部を切除するため、術後に授乳ができなくなる可能性があります。これから妊娠・出産をしようと考えている方は慎重にご検討ください。


◎ 乳房縮小術Goes法

Goes法では、乳輪を中心に円型に切開し、そこから皮膚や乳腺を適量切除します。乳輪に沿って丁寧にギャザーを作りながら縫合するため、傷あとが目立ちづらいのが特長です。脂肪は必要に応じて切除します。

術後の授乳には差し支えありません。


◎ 吊り上げ術

吊り上げ術では、乳腺をほとんど切除せずに、皮膚の切除によって乳輪・乳頭の位置を上方に移動します。場合によっては、乳輪周囲の切開線を乳輪縁より内側にとり、乳輪を縮小することもできます。

術後の授乳には差し支えありません。

乳房のしぼみが顕著な場合には、シリコンバッグ豊胸や脂肪注入による豊胸術を併用すると、より美しいバストに仕上がります。

乳房を縮小する手術にはさまざまなものがあり、上記3つの方法をアレンジ、またはこれ以外の選択肢も検討し、患者さまのバストの状態やご希望に合うものをご提案します。


乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)に関するよくある質問

Q傷あとは残りますか?

A術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3ヶ月程度で落ち着き、その後目立たなくなりますが、完全に消えてしまうわけではありません。

また、乳輪の下方に縦方向に入る傷はしわなどで隠れるものではないので、時間が経っても傷あととして分かりやすい場合があります。


乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)の概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔 局所麻酔または静脈麻酔
所要時間 2時間程度
入浴 シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください
入浴 : 抜糸後から可能
通院回数 診察 ▷ 手術 ▷ 手術翌日に患部のチェック▷手術の2〜3日後にドレーン抜去(ドレーン抜去までは1〜2日に一度通院)と固定解除 ▷ 手術の7日後に抜糸 ▷ 手術の1ヶ月後に患部のチェック ▷ 手術の3ヶ月後に患部のチェック
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
副作用・
ダウンタイム
・乳輪の縁に沿って切開する場合もあり、結果的に乳輪とその周囲の皮膚との境界線がくっきりとし、やや不自然な印象となる場合があります。
・術後、乳頭の知覚が鈍くなる可能性があります。これは一時的なもので、通常数ヶ月で回復しますが、人によっては完全回復に数年かかることもあります。
・切除すべき皮膚の量や仕上がりの乳頭・乳輪の位置(高さ)などは、医学的にもっとも最適とされている基準値をもとに、おもに皮膚の長さの計測により、現状との差をもって決定します。したがって、仕上がりを「◯◯cm」「◯◯カップ」といった具体的な数値で予測すること、指定することはできない旨をご了承ください。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、手術である以上傷から細菌が侵入して化膿することがあります。抗生物質の投与などでおさまらない場合には、必要に応じて創を開き、洗浄などの処置を行います。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。少量であれば自然に吸収されますが、傷の治りに悪影響があると判断される場合には、創を開いて血腫を取り除く処置を行うことがあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 ・術後は、ドレーンという管を切開部から挿入します。このドレーンは手術の2〜3日後にご来院いただき抜去します。また、弾性包帯による圧迫も行います。固定は手術の3日後以降にご来院いただき、外します。
・術後2〜3ヶ月は、ワイヤーなしのブラジャーをご使用ください。
・術後は、うつぶせ寝などのバストに大きな圧力をかけるようなことはお控えください。
・抜糸まで、サウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。

料金

施術名 乳房縮小術・吊り上げ術(固定術)
料金 乳房縮小術
Mckissock法
1,600,000〜2,240,000円(税別)
乳房縮小術
Goes法
1,200,000円〜1,680,000円(税別)
吊り上げ術 1,400,000円〜1,960,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)

※術前の状態や、重症度などによって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※検査代は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter