上まぶたのたるみ取り

上まぶたのたるみ取りは、まぶたや眉上、眉下などを切開し、余分な皮膚を切除して、すっきりとした目へ戻す施術です。施術によっては、しわの治療や二重まぶた切開法などを同時に行うこともできます。

 

上まぶたのたるみ取りはこのような方におすすめ

  • まぶたが腫れぼったくなってきた
  • 目尻が下がってきた
  • 目が小さく見えるようになった
  • まぶたを持ち上げないと、マスカラやアイラインを塗りづらい
  • セルフケアに限界を感じている
  • ウルセラリフトサーマクールアイでは物足りない

上まぶたのたるみ取りのメリット

  • 重度なたるみにも対応可能
  • 二重まぶた切開法を同時に行える
  • 施術によっては、眉間や額のしわの治療もできる
  • 美しい目元を長く維持できる

 

上まぶたのたるみ取りはお早めに

上まぶたのたるみとは、皮膚の下垂や余剰、眼瞼挙筋腱膜の菲薄化(薄くなること)や離開が原因となって起こる症状です。見た目には、活気が薄れて暗い印象になりがちです。

たるみがひどくなってくると、視界が狭く感じられるため、無意識にもっと目を見開こうとして額の筋肉を使い、常に眉毛が持ち上がるようになります。

その結果、額のしわが増えて老けた印象になるだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状を伴うようになることもあります。頭痛や肩こりは、筋肉が原因の「眼瞼下垂」でよく見られる症状ですが、皮膚のたるみが原因でも起こり得ます。

このように上まぶたのたるみは、見た目だけでなく健康面にも悪影響があるため、早めに治療しましょう。


 

あなたに合う施術は?

 

上まぶたのたるみには、皮膚のたるみが影響するものと、眼瞼下垂のように筋肉が影響するものとがあり、その原因やまぶたの状態によって治療法が異なります。   自分のまぶたの状態や希望に近い施術をチェックしてみましょう。
(★は度合いを表し、最大で★3です。)

上眼瞼皮膚切除

効果や持続性:★2.5  ダウンタイム:★2
適応 まぶたの皮膚が薄い
・眉毛とまつ毛との距離が長い
・二重のラインをくっきりさせたい
メリット ・傷あとが二重の線やしわに紛れて目立ちづらい
切開法眼瞼下垂を併用可能
デメリット ・まぶたの皮膚が厚い人では、たるみが減ったにもかかわらず、以前よりまぶたが腫れぼったい印象になる
眉毛下皮膚切除(上眼瞼リフト、眉下切開)

効果や持続性:★2  ダウンタイム:★1
適応 ・まぶたの皮膚が厚い
・眉毛が挙上している
メリット まぶたの皮膚の中でも厚い部分を切除するため、一重や二重のラインが美しく、すっきりした目元になる
・元々二重の場合、眉毛下皮膚切除だけで本来の二重を取り戻せる可能性がある
デメリット ・上眼瞼皮膚切除に比べると傷あとが目立ちやすいこともあるが、丁寧な縫合でカバーできる
眉毛上皮膚切除(眉毛リフト)

効果や持続性:★2.5  ダウンタイム:★3
適応 まぶたの皮膚の厚さは問わず
・眉毛が下垂している
メリット ・元々二重の場合、眉毛上皮膚切除だけで本来の二重を取り戻せる可能性がある
・眉間のしわも治療できる
デメリット ・眉毛を引き上げすぎて不自然になることもあるが、入念なデザインや術式の組み合わせでカバーできる
・ほかの施術に比べて傷が目立ちやすいが、丁寧な縫合でカバーできる
眼瞼下垂

効果や持続性:★2  ダウンタイム:★2
適応 ・三重、または四重まぶたになっている
・瞳孔(黒目の中心部分)に上まぶたがかかっている
・黒目の中心から上まぶたの縁までの距離が2mm以下になっている
・額の横じわが深くなっている
・自律神経が乱れ、不眠やうつ病の傾向がある
メリット 切開法や上眼瞼皮膚切除を併用可能
デメリット ・まぶたを切開する。元々二重であれば切開線は二重の線と重なり、目立ちづらい。一重の場合は目立ちやすいが、メイクで隠れる程度。
・深く刻まれた額の横じわの治療はできない
前額リフト

効果や持続性:★3  ダウンタイム:★3
適応 ・眉毛が下垂している
・眉間や目尻のたるみも気になる
メリット ・額の生え際や頭皮内を切開するため、傷が目立ちづらい
・額や鼻の付け根のしわも治療できる
デメリット ・切開範囲が広いため、ほかの施術に比べてダウンタイムが長い

※適応のくわしい判断はドクターが行います。このチェックはあくまでも参考程度とお考えください。

 
 

手術についてくわしく

 

手術の際には、丁寧な診察のもと入念にデザインを行います。ごく自然な仕上がりになるよう、仰向けに寝た姿勢ではなく座位で実際に眉毛を持ち上げながら、顔全体のバランスをふまえて切除幅を設定します。

 

◎上眼瞼皮膚切除

上眼瞼皮膚切除は、もっとも一般的に行われている方法で、垂れ下がっているまぶたの皮膚とそのすぐ下にある筋肉(眼輪筋)を切り取って縫合します。


 

◎眉毛下皮膚切除

 
 

眉毛下皮膚切除は、上記の上眼瞼皮膚切除の欠点を最小限にするために、近年行われるようになった方法です。まぶたに垂れ下がった皮膚を引き上げるため「上眼瞼リフト」「眉下切開」とも呼ばれます。

  切開は傷あとが目立ちづらくなるよう眉毛内に少し入ったところで行います。そして、多くの場合では皮膚の下にある筋肉も切除し、残った筋肉同士を縫合する、または下方の筋肉を眼窩(眼球が収まっている骨の穴)の縁の骨膜に縫いつけることで、リフト効果を高めます。

  さらに、元々まぶたが腫れぼったい場合には、筋肉の下にある脂肪、さらにその奥にある脂肪(眼窩脂肪)も一部切除します。

 
 

◎眉毛上皮膚切除

 
 

眉毛上皮膚切除では、その名のとおり眉毛上を切開して余分な皮膚を除去し、筋肉で眉毛を吊り上げて固定します。眉毛の位置を上げるため「眉毛リフト」とも呼ばれます。

  眉毛は顔の印象を大きく左右するため、引き上げる加減を誤ると、眉だけが浮いたような印象になってしまいます。そのため、当院では上まぶたや眉毛下の皮膚切除と組み合わせるなどして、自然な仕上がりになるよう努めています。

 
 

上まぶたのたるみ取りに関するよくある質問

Q上まぶたのたるみ取りは何歳からが良いですか?

A上まぶたのたるみは、目をこすってしまう習慣なども原因となるため、老化現象とは言い切れません。そのため、気になったときが治療のタイミングと言えます。 ただし、原因が加齢である場合には、30代〜50代程度で治療を行うと良いでしょう。60代以降になると、顔全体での調和や仕上がりの自然さが損なわれやすくなります。

Q切らないたるみ取りはどうですか?

A「手術にはまだ抵抗がある」という方には、ウルセラリフトやサーマクールアイなどの、照射するだけのたるみ治療をご用意しています。 ただし、これらの効果は永久的ではなく、軽度のたるみまでにしか対応できません。そのため、高い持続力や重度のたるみ治療を希望する方には、手術をおすすめしています。


 

上まぶたのたるみ取りの概要やリスク(副作用・ダウンタイム)など

麻酔 【上眼瞼皮膚切除・眉毛下皮膚切除・眉毛上皮膚切除・眼瞼下垂】
局所麻酔
【前額リフト】
全身麻酔、静脈麻酔、局所麻酔
所要時間 2〜4時間程度
洗顔・
入浴・
メイク
洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 抜糸後から可能
通院回数 診察 ▷ 手術 ▷ 手術翌日に患部のチェック ▷ 手術の7日後に抜糸 ▷ 手術の1ヶ月後に患部のチェック ▷ 手術の3ヶ月後に患部のチェック
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
入院 前額リフトは1泊(全身麻酔の場合)
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3ヶ月ほどで落ち着き、目立たなくなりますが、完全に傷あとが消えてしまうわけではありません。
・まぶたは非常に腫れやすく、内出血の色(赤紫色)が出やすい部位です。強い腫れや内出血は術後2週間ほどでかなり改善しますが、完全に消失するには通常1〜3ヶ月程度かかります。また、腫れの程度や回復期間は、個人差が大きいことをご理解ください。
・腫れがあるうちは、まぶたが十分に開きづらいのが通例です。
・上眼瞼皮膚切除と眼瞼下垂の場合、まつ毛の感覚異常が3ヶ月程度続くことがあります。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、糖尿病などで細菌に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・眼瞼下垂の場合、下垂の改善度合いが不十分、または過矯正、左右差など。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱い。

眼瞼下垂前額リフトの副作用・ダウンタイムなどについては各ページをご覧ください。
注意事項 ・抜糸まで、サウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。
手術の1ヶ月以降に、眼科でのコンタクトレンズの再調整をおすすめします。

 

料金

 
施術名 上まぶたのたるみ取り
料金 上眼瞼皮膚切除 350,000〜490,000円(税別)
眉毛下皮膚切除 550,000〜770,000円(税別)
眉毛上皮膚切除 550,000〜770,000円(税別)
初診料 5,000円(税別)
 

※術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なりますので、カウンセリング時に十分ご相談ください。
※手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の20%または30%(内容によりどちらか)をお支払いいただきます。
※手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更する場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
※手術後の投薬(抗生物質・鎮痛剤・胃薬等)、消毒、抜糸等の料金は、上記に含まれます。
※検査料は別途費用となります。
※施術の所要時間、術後の経過はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

医療法人社団 喜美会自由が丘クリニック
〒152-0023 
東京都目黒区八雲3-12-10パークヴィラ2F・3F・4F
TEL:0800-808-8200/03-5701-2500
10:00~19:00(最終受付18:45) 年中無休

※当院は予約制となっております。
ご予約のうえご来院ください。

LINE

当院の最新情報やモニター募集など、
お得な情報をお知らせします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Twitter